【英語学習】 ネイティブの早い英語を聞き取るためには

Pocket

こんにちは!

現役大学生のりょうたです!TOEICを500点上げた経験から英語の学習方法などを発信しています!こちらの自己紹介記事に詳しく書いているので、併せて読んでいただけると嬉しいです!
 

早い英語が聞き取れない

リスニングの勉強をやっている中で、必ずぶつかる壁だと思います。
教材のCDによってはすごく早くて全く聞き取れないといったこともしばしばあるかなと思います。
また、海外のニュースやラジオを聞いたことがある方も早すぎて全く分からないという経験をしたことあるのではないでしょうか。
 
 
僕は大学1年時にカナダでマクドナルドに行った際に、ハンバーガーのセットを注文したら店員さんに何かぶわーと話されて、全く分からず困っていたら、店員さんもめんどくさそうな顔をして適当にあしらわれて、すごく悔しい思いをしたのを未だに覚えてます、、笑
 
マクドナルドで聞かれることなんてほんとに限られているのに、それでも聞き取ることができませんでした。。。
まさに「シンプルな表現や簡単な英文でも早く言われると分からないという状態」でした。
 
あなたも似たようなことで悩んだ経験があり、この記事を読んでいるのではないでしょうか。
 

早い英語が聞き取れる状態

 
どうすれば早い英語を聞き取れるようになるのか、個人的に考えるそのメカニズムを説明していきます。
 
すごく簡単に言えば
「英語→日本語→理解」から脱却し、「英語→理解」 にする
 

という事です。

 

前者の状態だと、例えば電車で座っていて外国人の方が

Can you move over a little?
 
と言ってきた場合、まず頭の中で言われた事を
“少し場所を空けてもらえませんか?”
と日本語訳してから、
 
Okay!
 
とレスポンスする流れになると思います。
 
このような、1文ならまだしも、これがスピーチなど次の文が続く話の場合には、訳す作業をしている間に次の事が話されて理解できなくなってしまいます。
 
そのため、「英語→理解」の状態になる必要があります。
 
 
ただ、言葉では簡単に言えますが実際に出来るようになるのは難しい上に時間もかかりますよね。
 
大切なのはどうやったら、何をしたら、その状態になるかです。
 
ここでできれば僕は、裏技や特殊な能力を身に付ける極意を教えたいのですが残念ながらそんなものはないんです、、笑
 
よく早い英語が聞き取れるようになる裏技みたいな商材などを見かけますが、それが本当だったらみんな使ってペラペラな人で溢れた日本社会になってますよね笑
 
楽に身に付ける事は出来ません。勉強の質を維持した状態で量を増やして頭の中の英語のストックが増えていくにつれて、コネクトのスピードが上がっていき、気づいたら日本語へのコネクトが無くなっている感覚になります。
 
非常に不思議ですが、
「今はそれを信じて継続していくしかない」という事です。
ただ、だからといって闇雲に学習を続けていればそれが達成されるのかというと違いますよね。
 
そこで、学習の戦略が必要になってくるのです。
ある程度英語を運用するスキルや聞き取る力がついてきたら、そこからスピードを意識するために、早い英語を聞き取る練習をしていきます。
 

オススメ学習アプリ

 
「ハヤエモン」の活用
早い英語に慣れるためにも、CDを早く再生する事ができるアプリのハヤエモンを僕は利用していました。
再生速度を好きに調節できるため、僕は少しずつ早くして慣れるようにしていきました。
 
 
1分間に180words程の英語を聞き取れるようになったら、早口のネイティブの英語も聞き取れる状態です。
そこまでいくのは相当長い道のりですが、自分が1分間に何wordsの速さなら聞き取れるか測りながら勉強していくのもまたモチベーションに繋がるかと思います!
 
 

まとめ

今回の記事では早い英語を聞き取る方法について説明していきました。
裏技的な方法を期待していた方にはすみません。。。笑
 
やはり何にでも当てはまりますが、自分が何を目的にその学習・練習を行っているのか意識しながら行うことがとても重要で闇雲にやっていても結果には繋がりません。
 
何のためのトレーニングか意識しながら行い、アプリなども活用しながら、ネイティブとナチュラルなスピードで会話が出来る状態を目指して頑張りましょう!!
 
 
最後まで読んでいただきありがとうございました!
また次の記事でお会いしましょう。
 
 

 
 
過去の記事:英語学習を本格的に始める前に読んでほしい記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です