トビタテ留学japan 日本代表プログラムとは

Pocket

こんにちは!

マレーシアに8か月間交換留学をしていた現役大学生のりょうたです!こちらの自己紹介記事を併せて読んでいただけると嬉しいです!

「あなたは留学に興味ありますか??」

最近では大学在学中に留学に行くのがかなりポピュラーになってきましたよね。また、高校生留学なども聞くようになってきました。

上の記事で僕は、大学の交換留学トビタテ留学japan”を利用して留学をしていると書き、簡単に説明しましたが、

「よくわからない」って思ってる人も少なからずいると思って、トビタテについて説明したいと思います!

トビタテ!留学japanとは

「トビタテ!留学JAPAN 日本代表プログラム」(以下トビタテ)とは

文部科学省とソフトバンクや三菱商事などの民間企業が協働で

2020年までに大学生の海外留学12万人(現状6万人)、高校生の海外留学6万人(現状3万人)への倍増を目指し始まった官民協働プログラムです。

(一応、僕も”日本代表”っていうかっこいい肩書がついてます笑)

 
 

トビタテのコース

トビタテの中には、6つのコースがあり

理系、複合・融合系人材コース」、「新興国コース」、「世界トップレベル大学等コース

多様性人材コース」、「未来テクノロジーコース」「地域人材コース」の6つです。

①理系、複合・融合系人材コース・・・理系分野、複合・融合系分野の留学を支援するコース、医学生や研究する人はこのコースです。

②新興国コース・・・今後経済成長が期待される新興国での留学を支援するコース、東南アジア諸国やアフリカが多いです。

③世界トップレベル大学等コース・・・世界大学ランキングで100位以内に位置する大学や、同等の教育レベルにある研究機関への留学を支援するコース、その大学へ留学できることが確定していないといけなかった場合に権利剥奪にもなる注意したほうがいいです。

④多様性人材コース・・・スポーツ/アート/国際協力/医療など様々な分野や活動において、今後の活躍が期待できる人材の留学を支援するコース、比較的自由が利く分通過率は低いです。

⑤未来テクノロジーコース・・・AIやIoT、ロボティクスなどの分野に興味を持ち、学修・研究、実験・実習やインターンシップ・フィールドワーク等の実践活動を海外で行う学生を応援する特別枠です。

⑥地域人材コース・・・「グローバル」な視点をもって「ローカル」の発展に貢献する、グローカルリーダー候補で、地域発展のために海外で学び、活動したい人のコースです。

(高校で留学行く学生のために、高校生コースもあります)

 

この説明だけされても、「結局なんだろう」ってなっていると思うので

ものすごく簡単に言うと

「返済不要の奨学金をもらいながら留学することができるプログラム」

です。

トビタテ支給額

トビタテの奨学金はJASSOなどが行っている国費奨学金の約倍額の支給額

日本で最も高額な無償奨学金制度です。

具体的な給付金内容は(毎年若干の変更あり)

留学準備金25万円(アジア圏・中南米・アフリカ15万円、シンガポール例外)

あとは、留学先によって月額支給額が異なり、

アメリカ  20万円 、 北米・欧州・中近東・シンガポール16万円  その他14万円、 アジア・中南米・アフリカ地域12万 円

授業料は一律30万円です。

 

トビタテ!評価基準

僕はトビタテの面白い点の1つにその選出の評価基準にあると思っています!

語学力やGPAなどの基準は一切なく

留学計画の内容や実現可能性だけが評価される

そしてプログラム内容が決まっている国費留学や、テーマが定められている奨学金プログラムと違って

自分ですべて自由に留学計画がアレンジできます。

つまり現在の自分の実力や留学先でやりたいことに関係なく、選出されるチャンスがあるということですね。

 

「ぶっちゃけ、こんな魅力的なプログラムないですよね?笑」

 

正直僕は衝撃を受けました。笑

実は、交換留学でもともと留学に行くことは決まっていて、キャリア相談をしに大学の教授のもとにに行った際にたまたまトビタテの話しをされ、初めて存在を知りました笑

その時すでに一次審査締め切りの一週間前だったのですが、急いで準備して運よく通りました笑

なのしっかりと準備すればだれでも通ると思います。

(トビタテの審査は、一次審査の書類審査と、二次審査の個人面接・グループディスカッションです!)

 

トビタテ!のコミュニティ

そしてトビタテの魅力は多額の奨学金だけではありません!

先ほど言ったように、留学計画をそれぞれが自由に決められることから、

トビタテ生はほんとに個性的で面白い人の集まりです!

そして将来の日本のリーダーとなる意識の高いメンバーばかりです。

 

このコミュニティに所属することで得られる触発は半端ないです!笑照れ

また東京の浅草にあるトビタテハウスでは地方の学生は就活時など東京に来る際に泊まれたり

海外で宿を探している時にトビタテ生の家を借りれるヤドカリ

トビタテ生で外資系企業に行った人が集まるトビタテ外資会では外資系企業の情報を聞けたり

と様々なコミュニティが存在します。

ほかにも、トマリギなど多くの内部コミュニティが存在しています。

だからこそ

 

「とにかく魅力が本当に多く詰まったプログラムということ」

は自信を持って言えます。

トビタテ意外にも奨学金をもらえるプログラムはありますが

事前・事後研修もあり、多くの援助システム・コミュニティも持っているのは

唯一トビタテだけです!

 

だから多くの人にトビタテを知ってもらって挑戦してほしいです!

お金がないから留学はあきらめようと思っている方は是非一度検討してほしいです!

このブログをきっかけに初めてトビタテを知ったという方も、是非詳しく調べてみてください。

必ず多くのワクワクや感動が待っています

 

まとめ

今回は「トビタテ!留学japanについて詳しく説明してみました。

聞いたことがあり詳しく調べて方も、全く知らなかった方にも、少しでも参考になった記事だったら幸いです。

留学は本当に人生を大きく変えるイベントだと思うので、慎重かつ大胆な決断をしてみてください。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

過去の記事:留学前に絶対やるべきこと

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です