【就活】大手外資系企業の最終面接で聞かれた質問 大公開

 

こんにちは!
ブログを通じて、英語学習方法や留学、就活情報を発信しています、大学生のりょうたです!
 
今回は、僕が大手外資系企業の最終面接で聞かれた質問を大公開したいと思います。就活経験の話をまとめた記事をアップしているのでまだ読んでいない方は先にこちらを読んでみてください!
 
「最終面接って何を聞かれるんだろう」「どんな雰囲気なんだろう」と不安が大きい人もたくさんいると思いますし、単純に興味がある人もいるんじゃないかなと思います。
 
最終面接は1時間弱でしたが、その中での質問事項について全て紹介していきます!
 
 

聞かれた全質問

・自己紹介
・これまでの面接・ジョブの感想
・そこでの学び
・どう活かせるか
・元々の強みとどうマッチできるか
・他のメンバーの雰囲気
・メンバーとの違い・自分にはない強み
・ジョブでの自分の役割
・社員の雰囲気・会社の理解は変わったか
・志望度合い・理由
・不安に思ってる事・他社の方が優れてる点
・なぜこの業界なのか
・10年後・15年後何をしていると夢に近づいてるか
・なぜNPOやボランティアじゃダメなのか
・家族・親戚で同業他社はいないか
・勤務地はどこでも大丈夫か
・逆質問

自己紹介

自己紹介は初めに軽く行いました。
ただ、これまで2度の面接・ジョブを経ての最終面接ということもあり、自己PRや強みなどは特に話さず大学名と名前程度の簡単なものでした。
 
 

ジョブでの学び系

これまでの面接・ジョブの感想
そこでの学び
どう活かせるか
元々の強みとどうマッチできるか
他のメンバーの雰囲気
メンバーとの違い・自分にはない強み
ジョブでの自分の役割
 

次に、ジョブを通しての学びや他学生についての質問などをされました。

ここでは、端的にジョブの学びや将来への活かし方他学生の良かった点自分にはないものなどを話しました。
短い業務体験の中で何を学び、何を活かそうとしたのか、学ぶ力を見ている気がしました。また、他学生との比較という点では、他者の強みは認めた上でそこから自分に活かせるものを探す素直さなどを確認していると感じました。
 
ジョブが終わってすぐに、ノートに行ったことやそこでの学びを書き出して、まとめていたのでポイントを絞って論理的に話すことが出来たかなと思います。
 
 
 

会社のイメージ・志望度系

社員の雰囲気・会社の理解は変わったか
志望度合い・理由
不安に思ってる事・他社の方が優れてる点
なぜこの業界なのか
次に会社の志望度や社員と話してのイメージなどを聞かれました。
ここでは会社とのフィット感を確認していて、社員の雰囲気や社内カルチャーが自分に合っているのかどのような理由からこの会社を志望しているのか熱意を持って答える必要があると思います。
 
「なぜこの業界なのか、他の業界ではいけないのか。また競合他社ではなくなぜこの会社なのか」を論理的に、相手に納得感を与えられるように話しました。
僕の場合は将来の夢から一貫した話をしたので、その次の将来の夢関係の話に繋がっていきました。
 
 
 

将来の夢系

10年後・15年後何をしていると夢に近づいてるか
なぜNPOやボランティアじゃダメなのか

会社の志望理由を話した後に、将来の夢などに関する話を聞かれました。

この会社でどんなキャリアを経験していけば、夢に近づけるのか、どのようなポジションで、どのような働き方をすれば自分の夢へと近づくか話しました。
 
また、その夢はNPOやNGOではいけないのかについて聞かれたので(社会貢献系だったため)、1年間活動していたことも踏まえて、実体験を基にビジネスセクターで実現したい理由を話しました。
 
 
 

最後の確認事項

家族・親戚で同業他社はいないか
勤務地はどこでも大丈夫か

最後に、皆に質問している事を聞かれました。そもそも全国転勤が無理だったら志望もしていないと思うので、ここは率直に答えてすぐに終わりました。

 
 

逆質問

最後にこちらからの質問の時間を長めに用意して頂き、認識のズレなどがないようにして頂きました。
僕は、入社までの時間の使い方や成果を残す為に何を意識されてきたか、会社の方針や戦略に関する質問をしました。
 
本当に自分の聞きたいこと、不安に思っている点を聞けばいいと思いますが、やはりここでマイナスな印象を与えてしまうこともあるみたいなので、何を聞くかは事前に用意してから考えた方がいいと思います!
ホームページに載っていることや、給与に関して詳しく聞くなどはあまり良くないとは見ました。
 
 
 

まとめ

以上の質問が僕が最終面接で聞かれたすべての質問です。
最終面接は、ここまで来たら内定が欲しいという気持ちが本当に高まりますが、意外と落ちるフェーズでもあるので最後まで油断せず臨みたい面接です。
 
自分自身、結果が来るまで本当にドキドキしながら待っていました。
 
最後は熱意を持って、パートナーの方に志望意思を伝えることがポイントだと思います。
思わぬ減点はしないように気をつけたいですね。(身だしなみや言葉遣い等)
 
面接対策・質問対策は徹底的に行うことで本番で慌てることやトンチンカンなことを言ってしまうことを防げるので、しっかりと事前準備したうえで臨みましょう。
 

あなたが本当に行きたい企業に行ける事を願っています!!
 
 
最後まで読んでいただきありがとうございました!