【就活】一部の就活生が陥る罠とは? ES書き方

 

こんにちは!

現在大学生で、ブログを通じて英語学習方法や留学・就活経験について書いています!

今回は、就活関連の記事で一部の就活生が陥る罠について書いていきたいと思います。僕の就活経験については別の記事でザックリとまとめてあるので興味のある方は読んでみてください!

 

本記事のターゲット

今回の記事のターゲットは、主に

大学時代から社会貢献活動(ボランティア、NPO・NGOなど)に力を入れ、将来も社会貢献したい人です。

就活中によく周りにいた学生が、「社会貢献したい」「発展途上国に貢献したい」というモチベーションを持っている人です。(実際僕も似たようなモチベーションは持っています)

それでは、何が罠なのかという点について説明していきます。僕個人としては、2点の罠があると考えていて、

①「社会貢献」というワードチョイス

②会社の目的とずれる

上の2つがあるかなと考えています!

それではここから1点ずつ詳しく説明していきます!

「社会貢献」というワードチョイ

1点目に、「社会貢献」というワードチョイスです。就活に限らずだとは思いますが、文章・口頭における意思表示・情報伝達における”ワードチョイス”の重要さは想像以上です。

自分一人で考えていると、主観的な文章・論理展開になってしまい、前提知識のある自分以外が読んだ場合に、自分の考えが100%伝わらないことは多々あります。そこで、重要なものの1つが”ワードチョイス”で、認識の乖離が生まれないようにする必要があります。

そして、この「社会貢献」というワードチョイスに関しては

正直言うとかなりオススメできません。

それには明確に3つの理由があるのですが、3つ目については2点目の罠と関連性が高いので、ここでは触れずに2点を説明していきます。

①多用されすぎている

素晴らしい考えを持った学生は嬉しいことに日本にはたくさんいるみたいで(単に就活用に言っているだけかもしれませんが)、社会貢献をしたいという志望動機・自己PRを書いている方、また書こうと思っていた方は多いと思います。

応募されたESを何枚も読んでいる人事部からすれば、社会貢献という志望動機を書いていては「またこれかよ」と思われますよね。そこでは、他の学生と私は違うと差別化できる材料が必要になり、それがなければ通る訳がありません。

②イメージがつきずらい

単純に社会貢献という言葉自体が広くて、何をしたいのか全く分からないです。

ゴミを拾うことや、エコな活動をすることだって、社会貢献と言えてしまうわけで、より具体的なモチベーションの方が分かりやすいです。

例えば、「東南アジア地域へのインフラ開発事業により域内流通の促進」や、「高栄養価の食料の販売を通じた人の健康に寄与」など、具体的に書くことで、会社に入って実現したい夢や目標、社会に提供したい価値などが伝わりやすく、さらに志望動機と会社の事業を絡めやすい内容となっていきます。

「社会貢献」の中でもどの問題・課題に着目してどのような製品・サービス・仕組みを通じてそれを実現していくのかの過程を自分の中で落とし込んだうえで、書いていくと、一段と伝わるESになるかなと思います。

会社の目的とずれる

2点目に、そもそも会社の目的は慈善活動ではないという点です。

経営理念を「社会に対して新たな価値提供を行う」や「食料問題解決に貢献していく」などと定めている会社は多く見受けられます。

実際にソフトバンクの経営理念は「情報革命で人々を幸せに」という理念を掲げています。会社の理念は基本的に、人の幸せを作ったり、豊かな生活の実現に寄与するという目標を定めていることが多いです。シンプルにそういう会社の製品やサービスは消費者の生活をよくすることに貢献しており、結果的にビジネスとして成功していますよね。

つまり、社会貢献というモチベーションはものすごく大切で、素敵なことであると僕は思います。

ただ、就職活動において社会貢献というモチベーションを押しまくっている人は、なぜそれを会社に入ってやりたいの?っていうロジックが必要になります。

「私は貧困問題に興味があり、それを解決するために御社に入りたいです!」って言ったところで、人事部にとっては「そしたらボランティアやNPO・NGO入ったらどうですか?」って思うんじゃないでしょうか。

実際に、大学であった就活対策講座に大手企業で働くOB・OGが来てくださり、学生側から質問を投げかける機会があったのですが、そこで「私は国際問題に興味がすごくあるのですが、この会社はいいですか?」と言った学生に対して、「そしたら青年海外協力隊に行ったら?」と言われ、その学生は何も言えなくなってしまいました。

そのOBさんも、学生に将来を考えさせる機会にと思って言ったと思うのですが、そこで国際問題に興味がある上で民間企業で働く意味を語る準備ができていない学生に問題がかなりありますよね。

ES選考・面接においては「なぜあなたのモチベーションをこの会社で実現する必要があるのか」、プレゼンテーションをして採用担当者を口説き落とさなければなりません。

 

最近ではよくCSRソーシャルビジネス(SB)など聞く機会が増え、企業の社会貢献という点は大きく注目されていると思いますが、ビジネスセクターでそれを実現したい・ビジネスセクターでなければならない理由が必要です。

環境・人権問題などに配慮したうえで、ビジネスとしてスケールさせていくことに関わりたい明確な理由・ストーリーをぶつけられるといいと思います。

一番強いのは、実体験ベースで話すことだと思います。自分自身が活動してきた結果、見えた課題やビジネスセクターで行う価値を見出していけるとかなり納得感のある論理になります。

逆に経験していない人でも、学部で学んだ結果や実際に働く人の話を聞いてなど、論理展開の組み方様々あるので大丈夫です!

 

まとめ

今回は、一部の人がはまる罠、気を付けるべき点について書いてみました。あなたはこの罠にはまる就活生ではなかったでしょうか?企業ウケすると思っていいこと書いていたら逆効果だったなんてことも多いので気をつけてください!

これから、ESを書く方・これまで書いていたけどなかなかESが通過していなかった方は是非参考にしてみてください!!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

今後も就活に関する記事はアップしていくので、良かったら読んでください!

【就活】成長できる環境とは? 本当に成長できる会社の条件

 

こんにちは!

りょうたです。現在大学生で、このブログを通じて英語の学習方法や留学経験や就活経験などを発信しています!

今回は就活に関する記事を書いていきたいと思います!僕の就活経験については別の記事でザックリとまとめてあるので興味のある方は読んでみてください!

 

今回取り上げるテーマは「成長できる環境」です。

就職活動をしていて、志望動機に成長できる環境を書いている人はかなり多いと思います。成長できるという書き方以外にも、自分の市場価値を上げられるなども結構あるあるの書き方ですね。(自分の周りを見ていても多かったです)

 

今回はこの「成長できる環境とは何なのか?」について個人的な考えを書いていきたいと思います。

成長とは?

まずは、成長とは何かについて分解して考えていくと成長とは

一人前に成熟すること。大人になること。(広辞苑)

と載っています。

多くの人の「成長できる」という漠然とした願いとは具体的には、「1人で仕事をこなす事が出来るようになる=一人前になる」「他の会社に行っても活躍する事ができる力」になるのかなとおもいます。

 

成長の必要条件 3つ

成長の定義をそこに置くのであれば僕が考える成長できる環境の必要条件は次の3つだと思います。

①チャレンジできるカルチャー

② 大きな裁量権

③優秀な上司・教育制度

それではそれぞれについて細かく説明していきます。

①チャレンジできるカルチャー

まずは、チャレンジを受け入れてくれるカルチャーであるかという点です。

 

例えば入社してから任された仕事だけをただひたすらに行なっている職場って成長できると思いますか?

確実に出来ないですよね。

 

新入社員から挑戦させてくれる環境に身を置く事で若いうちから多くの失敗を積み重ねる事ができ、それが結果的に自分自身の経験という財産になっていくと思います。

失敗のデータベースが増えていけば、それらの失敗から学びを得て、その知識やスキルを他の事に活かしていくことが出来ます。

 

なので、まずは1点目に「様々な事にチャレンジできるカルチャーがその会社、職場にあるのか」または「挑戦できる環境が制度として組み込まれているのか」を確認することは大事だと思います。

カルチャーに関してはやはり行ってみて中の人と話してみるのが一番早いと思います。会社のホームページなどを見ていると、若いうちから様々な事にチャレンジ出来るなどと書いている会社は多いので、本当にそうなのか内部の人間に聞いてチェックするのが1番確実だと思います。(それこそ入社年次の若い人に聞いた方が新入社員の働き方などが理解しやすいですよね)

 

② 大きな裁量権

2点目に、大きな裁量権があるかどうかという点です。

どれだけ様々な事にチャレンジさせてくれても、全ての最終決定権を上司が握っている限り、そこまでの責任は伴ってきません。

実際にプロジェクトや、ある地域の売上を一任されて、自分がそれの最終意思決定権があるという状態に入社してからすぐになれる会社であれば、自分の責任感も生まれる上に他社で働く人に比べ大きなことが出来ているので成長出来ると思います。

 

裁量権が大きいかをチェックする場合に大事なことは、

①最終意思決定権は誰にあるのか

②任される金額・プロジェクトの大きさ 

の2点だと思います。

①に関しては先ほど書いた通りで、②については極端な話、100円の売上が任されても大した事ではないですよね。笑

任される額がどれだけ大きいのか、どれだけの責任を自分が担わなければいけないのかということが、この点から理解できるかなと思います。

例えば新規事業数に対しての新入社員の数を各社で比較してみて、データからアサインされるプロジェクトの裁量権を比較してみるのもアリだと思います。

③優秀な上司・教育制度

そして、最後に優秀な上司・教育制度です。

どれだけ挑戦できる環境で、大きな裁量権を任されていても、自分の良い点・改善点についてフィードバックしてくれる上司がいないと、1人で挑戦し続けるだけになってしまいます。

さらに、教育制度に落とし込まれているのかという点も重要だと思います。

 

人を育てるカルチャーが制度まで落とし込まれている会社は本物だと思ってます。「教育する会社だよ」は言っていても、制度になければ上司が変わったタイミングで大きく変化してしまうなどボラティリティが大きくなる可能性があります。

上司と部下を繋げて定期的なフォローアップを行うなど、様々な形はあるかと思いますが、日々の業務の中で生まれてくる課題や悩みなどをまとまった時間を取って相談してくれる機会は本当に貴重ですよね。

 

まとめ

今回は、僕が考える「成長できる環境」について書いてみました。

3つ全てが揃う環境・職場はなかなか見つかりにくいかもしれませんが、1つのものさしに考えてみてください!

 

そして、よくある就活生の勘違いが

「コンサル業界=成長できる」です。

確かにコンサル業界は、労働時間も長く、様々なプロジェクトに若いうちから関われるため成長できるかもしれませんが、入社してしばらくは資料作成やリサーチなどの雑務メインとの話も社員さんから伺った事があります。

自分がプロジェクトのリーダーとして周りの部下を回しながら進めていくのであれば、多くのスキルやナレッジが求められる上に責任感も大きく、成長はもちろんできると思いますが、それは相当な年次を積み重ねてなれる状態であり、入社してすぐからそのような働き方ができるという訳ではないですよね。(結してコンサル反対という訳ではないです!)

 

新入社員の仕事内容などもしっかりチェックしておくと、入社してからのギャップが無くなるかもしれませんね。

 

この記事が、入社してから成長したいと考えていた就活生のためになったら嬉しいです。

会社選びは凄く大切なので、最高の選択が出来る様に入念に調べ尽くして下さい。まだ会社のことは全く分からなくてザックリ業界など、全体感を捉えたい方には、このような本がおオススメです!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

【就活】大手外資系企業の最終面接で聞かれた質問 大公開

 

こんにちは!
ブログを通じて、英語学習方法や留学、就活情報を発信しています、大学生のりょうたです!
 
今回は、僕が大手外資系企業の最終面接で聞かれた質問を大公開したいと思います。就活経験の話をまとめた記事をアップしているのでまだ読んでいない方は先にこちらを読んでみてください!
 
「最終面接って何を聞かれるんだろう」「どんな雰囲気なんだろう」と不安が大きい人もたくさんいると思いますし、単純に興味がある人もいるんじゃないかなと思います。
 
最終面接は1時間弱でしたが、その中での質問事項について全て紹介していきます!
 
 

聞かれた全質問

・自己紹介
・これまでの面接・ジョブの感想
・そこでの学び
・どう活かせるか
・元々の強みとどうマッチできるか
・他のメンバーの雰囲気
・メンバーとの違い・自分にはない強み
・ジョブでの自分の役割
・社員の雰囲気・会社の理解は変わったか
・志望度合い・理由
・不安に思ってる事・他社の方が優れてる点
・なぜこの業界なのか
・10年後・15年後何をしていると夢に近づいてるか
・なぜNPOやボランティアじゃダメなのか
・家族・親戚で同業他社はいないか
・勤務地はどこでも大丈夫か
・逆質問

自己紹介

自己紹介は初めに軽く行いました。
ただ、これまで2度の面接・ジョブを経ての最終面接ということもあり、自己PRや強みなどは特に話さず大学名と名前程度の簡単なものでした。
 
 

ジョブでの学び系

これまでの面接・ジョブの感想
そこでの学び
どう活かせるか
元々の強みとどうマッチできるか
他のメンバーの雰囲気
メンバーとの違い・自分にはない強み
ジョブでの自分の役割
 

次に、ジョブを通しての学びや他学生についての質問などをされました。

ここでは、端的にジョブの学びや将来への活かし方他学生の良かった点自分にはないものなどを話しました。
短い業務体験の中で何を学び、何を活かそうとしたのか、学ぶ力を見ている気がしました。また、他学生との比較という点では、他者の強みは認めた上でそこから自分に活かせるものを探す素直さなどを確認していると感じました。
 
ジョブが終わってすぐに、ノートに行ったことやそこでの学びを書き出して、まとめていたのでポイントを絞って論理的に話すことが出来たかなと思います。
 
 
 

会社のイメージ・志望度系

社員の雰囲気・会社の理解は変わったか
志望度合い・理由
不安に思ってる事・他社の方が優れてる点
なぜこの業界なのか
次に会社の志望度や社員と話してのイメージなどを聞かれました。
ここでは会社とのフィット感を確認していて、社員の雰囲気や社内カルチャーが自分に合っているのかどのような理由からこの会社を志望しているのか熱意を持って答える必要があると思います。
 
「なぜこの業界なのか、他の業界ではいけないのか。また競合他社ではなくなぜこの会社なのか」を論理的に、相手に納得感を与えられるように話しました。
僕の場合は将来の夢から一貫した話をしたので、その次の将来の夢関係の話に繋がっていきました。
 
 
 

将来の夢系

10年後・15年後何をしていると夢に近づいてるか
なぜNPOやボランティアじゃダメなのか

会社の志望理由を話した後に、将来の夢などに関する話を聞かれました。

この会社でどんなキャリアを経験していけば、夢に近づけるのか、どのようなポジションで、どのような働き方をすれば自分の夢へと近づくか話しました。
 
また、その夢はNPOやNGOではいけないのかについて聞かれたので(社会貢献系だったため)、1年間活動していたことも踏まえて、実体験を基にビジネスセクターで実現したい理由を話しました。
 
 
 

最後の確認事項

家族・親戚で同業他社はいないか
勤務地はどこでも大丈夫か

最後に、皆に質問している事を聞かれました。そもそも全国転勤が無理だったら志望もしていないと思うので、ここは率直に答えてすぐに終わりました。

 
 

逆質問

最後にこちらからの質問の時間を長めに用意して頂き、認識のズレなどがないようにして頂きました。
僕は、入社までの時間の使い方や成果を残す為に何を意識されてきたか、会社の方針や戦略に関する質問をしました。
 
本当に自分の聞きたいこと、不安に思っている点を聞けばいいと思いますが、やはりここでマイナスな印象を与えてしまうこともあるみたいなので、何を聞くかは事前に用意してから考えた方がいいと思います!
ホームページに載っていることや、給与に関して詳しく聞くなどはあまり良くないとは見ました。
 
 
 

まとめ

以上の質問が僕が最終面接で聞かれたすべての質問です。
最終面接は、ここまで来たら内定が欲しいという気持ちが本当に高まりますが、意外と落ちるフェーズでもあるので最後まで油断せず臨みたい面接です。
 
自分自身、結果が来るまで本当にドキドキしながら待っていました。
 
最後は熱意を持って、パートナーの方に志望意思を伝えることがポイントだと思います。
思わぬ減点はしないように気をつけたいですね。(身だしなみや言葉遣い等)
 
面接対策・質問対策は徹底的に行うことで本番で慌てることやトンチンカンなことを言ってしまうことを防げるので、しっかりと事前準備したうえで臨みましょう。
 

あなたが本当に行きたい企業に行ける事を願っています!!
 
 
最後まで読んでいただきありがとうございました!
 
 

【就活】 就活期間3か月で大手外資系企業の内定を獲得した話 就活体験談

 

こんにちは!

現在大学生で、英語学習法や留学経験・東南アジアの国情報について発信しているりょうたです!まだ読んでいない方は自己紹介記事を合わせて読んでいただけると嬉しいです!

今回の記事では僕の就活体験について触れていきたいと思います。

僕は5月の下旬に帰国して、7月頃からちょこちょこ就職活動を始めて、10月に大手外資系企業(業界1位)から内定を頂くことができました。

僕はその企業以外本選考は受けていないので(サマーインターンは何社か参加しました)就活生期間は比較的短く、就活中は他にも諸活動が多かったので完全にコミットは出来てはいませんでした。また、大学のキャリアセンター、就活を終えた先輩に相談したこともありません。

その中で、就職活動でよく聞く”やる事”に分けて、それぞれで僕が実践していたことを紹介します。

自己分析

この「自己分析」というワードですが、就職活動を始めるに当たり、誰もが必ず一度は聞いたことはあると思います。

”自己分析やったー?”とか、”だいたい終わったよ!”という会話が就活始め!というタイミングで、キャンパスの中で聞くことが増えた印象があります。(大学3年の夏頃ですね)

ただ個人的にはこの自己分析って結構落とし穴だと思っています。

自己分析って、自分の過去の経験や価値観の動きなどから自分という人物を見つめなおすって趣旨だと思うんですけど。これって終わりがないんです。

日々生きていく中で自分という人物の嗜好性や方向性みたいなものって発見できていくと思うんですね。一般的に言われる「自己分析」はその嗜好性や方向性がなぜ作られていったのかの原因の分析であって自分を知ることにはならないです。

「自己分析」で必要なのは、①過去の体験や経験を通じて持っている自分の価値観②それを基に現在の自分が感じる成し遂げたいことややりたいことの2つの面を理解していくことです。

僕の場合は特にバックパック中に自分という存在がこの人生を通じてどんなことを成し遂げたいのか、社会にしていきたいのかみたいなことを深く振り返ることがあり、そこを機に毎日自問自答のように生活をしてブラッシュアップをしていきまいた。(もちろん現在でも日々自分を理解する作業は続けています)

そして、この自己分析がなぜ重要なのかと言いますと、就職活動は”自分という存在が会社にとってどれだけメリットをもたらす存在であるか”をプレゼンする機会だからです。

面接では、あなたが本当にふさわしい人間か、会社にとってほしい存在なのか採用担当者や人事の方が鋭い質問をして探ってきます。そこであなたが自分という商品を売り込むのはその商品のことを誰よりも理解して、適切なポイントを論理的に話す必要があります。

業界・会社分析

次に業界分析、会社分析です。

これは、自分がどのような会社に対して、自分という人間を売り込んでいくのかを調べるフェーズですね。

とにかく理解していればいるほどいいと思います。ただ、最低限何を知っていればいいの?何を調べればいいの?という方はいると思うので、最低限理解しておくべきを紹介します。

最低限理解しておくべきこと

①ビジネスモデル(キャッシュの生み方)

②業界トレンド

①ビジネスモデル

その業界でのメインとなるビジネスモデルはどんなものなのかを理解していることは、その業界で働いていくうえで最低限必要知識です。

会社を運営していくうえで、売り上げを上げていくことが必要で、あなたがどのような働きをすれば売上を向上できるか考える上で、売上はどんな要素から成り立っているか知っている必要がありますよね。

例えば、人材業界の人材紹介だったら、人材が欲しい会社と転職がしたい人をマッチングっすることでキャッシュが得られますよね。(会社側から給料の何か月分かが支払われます)

②業界トレンド

次に業界トレンドですが、これはその業界で今どんな波が来ているのか、どんな考え方が主流になっているのかを知ることです

例えば、DtoC」などがメーカーやリテール業界で流行っていたり、IT業界やコンサル業界で「デザインシンキング」という思考法が主流になってきているなどです。

これらを知ることで、それぞれの波に対して会社ごとの対策や新規事業が比較できます。

それらから見えてくる会社の方向性みたいなものも大きな情報となります!

ES対策

次に定番のES対策です。

ESは、よく添削をしてもらっていると友人らから聞きますが、僕は一回もしてもらったことはありません。

それでは、添削をしてもらわなくても通るESを書くために行っていたことはなにかというと、

①刺さるストーリーの選定

②ロジックの詰め

この2つが主なことです!

①刺さるストーリーの選定

まずこれは、自分がこれまでやってきたことや、達成したことを要素分解していく作業と、会社にどの話しが最もウケるのかということを考えることです。

大学時代に経験してきたことを書き出すなどして、自分という人間を売り込むストーリーをいくつか用意したうえで、それぞれの話しがどのような印象・スキルがあるかと相手に与えられるかを考え分解します。

次に行きたい会社のホームページなどを調べてその会社がどのような人材を求めているのか、どこに課題を抱えていてその問題を解決するにはどのような人材が必要だと思うのかなどを調べます。これは「企業名 求める人材」でググれば出てくる時代です。笑

それから、最初に書き出したストーリーからどれを書くかを選定するといった流れです。

②ロジックの詰

次に、ロジックを詰めるという点です。

どれだけ相性のいいストーリーで素晴らしい成果を残していても、論理的ではなく何を伝えたいのかわからなければ、かなりもったいないです。ダラダラ書かれているESは読む気も失せますよね。

そこで、結論ファーストで、論点を絞って書いていくことを行いました。このESを通してどんな人という印象を与えたいのかを客観的に考えていく必要があります。

また、僕はとりあえず書き終わったら、3日間ぐらい日にちを空けていました。その間に本を何冊も読むので、書いた時とは少し違う着眼点で物事を考えられそれが客観的に書くということに繋がったのかなと思っています。

Webテスト対策

ES通過後に定番であるESですが(玉手箱、SPI等)、個人的に計数問題がかなり得意だったこともあり対策はなにもしていません。

教材は買いましたが結局一回もやらずじまいでした。何社か受けていく中で傾向を掴んで、かなり出来るようになったので(9割は取れていたと思う)時間も勿体ないし、本番の時間しか取っていません。

面接対策

面接対策では、僕はノートに面接で話す論点をまとめることを行いました。

論理立てて話すことはもともと得意だったこともあり、実際に誰かに面接官をやってもらうような模擬面接などは一度もやらなかったです。

ノートに書いたこととしては、

自分の夢・やりたいこと その理由、原体験 なぜその業界 なぜその会社・職種なのか その会社で求められるスキル なぜ自分が入る必要があるのか

 

”自分の夢から、過去の行動が一貫していて、その会社で働くことがその夢を達成するのにベストマッチしていることを論理的に口説くことが面接で通過するポイント”かなと思っています。

僕はノートに上記の点を書いて整理したうえで、面接前には最終確認でチェックしながら面接に臨んでいました。

一次面接から一貫したことを言い続けるためにも、この準備はかなり大事だと思います。

まとめ

以上のことがザックリと僕が就職活動の中で行っていたことです。

就職活動は自分の人生のファーストキャリアを決める大事な戦いです。そこで自分の本当に行きたい会社に行けるといいですよね。

その後、転職する際にもファーストキャリアはかなり大事とよく聞きますし、そういった意味でも今後のキャリアを左右する大きな戦いになると思います。

それだけ大事にも関わらず本気でやっている人が少ない点が就活の特徴でもあるので、本気でやってすぐに終わらせてしまいましょう!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

今後も就活記事をアップしていきたいと思います!