【タイムマネジメント】 忙しくて勉強する時間のない方のための処世術

 
僕は現在大学4年生なのですが、これまで英語学習や勉強に関する悩み周りからよくされてきました。
皆さんは、どんなことに悩んでいますか?
 
この記事を読んでいるということは、多くの方がこれを悩んでいるんじゃないかなと思います。
 

時間がなくて勉強できない

 
そう、これは大問題ですよね。なんだかんだ大学生は忙しい。
サークル、バイト、ゼミ、学生団体、課題、テスト、、等々
 
そして学生よりも、働かれている社会人の方や主婦、人によって程度は違えどやっぱりみんな忙しいですよね。
 
”いくら勉強をしようと決意をしてみても”、”やりたいことがあったとしても”時間がなければできないですよね。
「あ~もっと時間があったらできるんだけどな~」って思ったことある方も多いと思います。
僕も大学1年生の時は、体育会の練習と勉強とバイトで時間がなさ過ぎて爆発しそうでした笑
 
そんな時間がなくて困っている方々に対して、今回は僕が行った解消法を紹介したいと思います!
 

まず、一回考えて欲しいのは

本当に時間がないほど忙しいのか
 
という事なんです。
 
 
いくら忙しいとは言え、多くの皆さんは、国の安全を一身に背負っていて常に気を張っていなきゃいけない訳ではないし、国を代表して世界を飛び回る必要も無いと思います。
(逆にそんな人日本のほんの少数ですよね笑)
 
そこで現在時間がないと悩んでいた方にやってほしい2つの事があります。

 

やってほしい2つの事

 
やってほしい2つの事
1. 自分の1日の行動を後からメモする
2. 必要のない時間の使い道を改める
 
です。
 
それでは一つずつ細かく説明していきます!
 
 

1.自分の1日の行動を後からメモする

 
普段から自分の予定を付けている方でも、実際に何に使ったかまで付けている人は少ないのではないのでしょうか。
 
最初は少しめんどくさいですが、自分が1日何に実際時間を使ったのかを調べることはとても重要です。
後から調べてみると意外と空白の時間があったり、だらけてしまっていたりするからです。
 
「あれ、ここからここまで何してたっけ。。。」ってやつです笑
思い返してみると、ソファーでゴロゴロしていたり、テレビに夢中になっていたりと、気づかずうちに時間を消費していることはよくあります。
 
僕は実際、めちゃくちゃ忙しい!!と思っていた大学1年時にやってみたら、1時間半近くの空き時間が見つかりました笑
個人的には、お風呂上がりや食事後が要注意なタイミングです!(その後だらけやすいですもんね笑)
 
試しに1日でもやってみると驚くほどの使える時間が見つかるかもしれませんよ!
 
 

2.必要のない時間の使い道を改める

 
行動をメモしてみて見つかるのは、空き時間だけでなく、先程書いたような“自分の良くない習慣”であったり、“優先順位の低い事”等もです。
 
携帯ゲームに2時間以上没頭してしまっていたり、漫画を読みながらゴロゴロしていたり、、といった本来重要度の高くない行為を意識せずともしてしまっている人も少なくないと思います。
 
見つかった必ずしも必要のない時間は、少しずつ勉強時間に置き換えていくといいと思います。
 
もちろん全く休憩や息抜きがないのも、爆発してしまったり、集中した学習ができない事に繋がるので、適度な息抜きの時間も考慮して下さい。
 
優先順位のつけ方は、自分の大事にしたい目標や価値観を基に考えてみると、いいと思います。
 
 
時間は皆平等にある分、どのように使うかは非常に重要ですよね


まとめ

時間がなくて勉強ができない人向けに、僕なりの工夫を紹介してみました!

成果を出している人は間違いなく時間の使い方が上手い人達だと思います。
 
経営者や様々な肩書をこなしている方々は、時間が限られている中で大きなアウトプットを出していますよね。
 
彼らは、

時間管理による使える時間の最大化
時間当たりのアウトカムを最大化する努力
をしているのだと個人的に分析しています。
 
 
今回はノウハウはそれで言うと、①の時間管理による使える時間の最大化に当たるかなと思います!
 
 
時間はないけど勉強しなければいけないと思っていた方の参考になったら幸いです。
時間管理に関するオススメ本はたくさんあるのですが、とりあえず一冊を紹介しておきます!!
 
 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

【英語学習】 スピーキング力を爆発的に上げる戦略

 
 
皆さんこんな事思ったことありませんか?
スピーキングが全くできない
英語話せるようになりたい

これはおそらく多くの人の悩みであり、実際に僕も友達からよく聞きます。

 
 
 
僕は元々英語が苦手&大嫌いで、大学からちょこちょこ勉強を始めたのですが、日本での勉強を経てマレーシアに交換留学中、「どうしてそんなに話せるの?」と外国の友達から聞かれる事がとても多かったほど、スピーキングを日本にいながら伸ばす事ができ、自分自身、自信のあるポイントでもあります。
 
今回の記事では、僕が日本にいる間に行っていた爆発的にスピーキングを上達させる4つの戦略を紹介していきます。
 

英会話力向上のカギ

 
始めに、
「なぜスピーキング力が上がらないのか」
「英語を話せるようにならないのか」
について話していきたいと思います。
 
 
僕が考えるに、スピーキングが伸びない最大の理由は次の2つ。
1.練習不足2.本番不足

それぞれブレイクダウンしていくと、

まず、1の練習不足とは単純に文章を頭の中で作ってしまっていて、それに時間がかかっている状態。または文法や単語の知識が不足していて、言いたい事が英語で言えない状態です。
 
次に、2の本番不足は、1はある程度クリアしているが実際の会話になると、イレギュラーな返答などから何を言えばいいか分からなくなったり、緊張してしまいうまく話せない状態です。
 
この2つの障害を乗り越えることができれば、英語を自由に操ることが出来るようになると僕は考えています!
 
 
そして今回の記事では、
ある程度の文法・単語の土台ができている状態を仮定して、4つの戦略を紹介します。
「まだ自分は土台が出来ていないと感じる方」は、こちらの記事を参考に、まず土台を作ることからオススメします!
 
土台をしっかり築いてからの方が圧倒的に上達は早いです!
 
 
それでは、4つの戦略を紹介していきます!
 
 
 

4つの戦略

1.独り言

まずは、独り言です。これは、練習不足をクリアするのに最も効果的な練習法だと思います。
 
これまで学習した単語や文法を使って、「自分で文章を作り、声に出して何度か言う事を繰り返します」
 
自分で文章を作る事がまだ出来ない人は、教科書に載っている例文を何度か声に出して読むだけでもいいと思います。
独り言中に使った表現は、実際に会話するときにスムーズに使えるので、スムーズなコミュニケーションに繋がったり、表現の幅に広がりが生まれます。
 
僕は、駅までの自転車を漕いでる時や、授業の移動など細かな隙間時間に常に独り言を行うようにしてました。声が出せないような電車などでは、頭の中で再生するだけでも効果があるので試してみてください。
これは今からすぐにできる戦略なので、是非どんどん試してほしいです。


2.モノマネ

次にモノマネです。「何それ?」と思われるかもしれませんが、ネイティブの話し方や発音を学ぶ事英会話の流れを掴むために効果的です。
YouTubeでネイティブが話している動画を流し、その人の話し方や発音をシャドーイングするようにひたすらモノマネします。動画内で使われていたフレーズを盗んだりネイティブの会話のスピード感や流れを掴むことができる練習です。
 
単純に動画を楽しみながらできるので、「勉強している」という感覚があまりないままに楽しく学ぶ事が出来ると思います。真似している間に、発音の仕方やナチュラルなフレーズを学び、よりステップアップできる良い戦略だと思います。
僕はイギリス英語が好きなので、イギリス人のYouTuberを探してよくモノマネをしていました。


3.オンライン英会話

 
ここからは、「本番不足を解消していくフェーズ」に入っていきます。
パソコンやスマホを用いて、実際に外国人と1対1で英語で話します。最近は本当に多くの英会話コンテンツが市場に出回ってるので、何度か試した事ある人も多いかと思います。
僕は安かった事もありNative Campというものを使用していました。当時は講師がフィリピン人のみだったのですが、20179月からネイティブの講師も増員されたみたいです。こちらはレッスンが無制限に受けられるので非常にありがたかったです。他にもCamblyitalkiなどがあるので、自分に合うものを探してみてください!
 
基本的に、オンライン英会話では話すトピックやコース(ビジネス英会話コース、TOEFLコース等)などを選べるのですが、コースだと完全にシナリオに沿って話が進んでいくので、より実戦に近くするため、僕はフリートークを必ず選んでました。
 
フィリピンの経済や文化等に関する疑問から話を始めて、それについて議論をする事で英語だけでなく新しい知識も得られるので一石二鳥です。
いきなり長期契約するのではなく、まずは無料体験レッスンをして、良かったら1ヶ月間だけ契約してみる。1ヶ月間試してみて自分が実際に時間を割いて活用できそうであれば長期契約をしてみることをオススメします!
僕は契約後になかなか時間を割けず、結局週に1回や2回しかレッスンを受けてなかった事も多々あったので、、笑


.外国人の友人を作る

 
最後に外国人の友人を作る事です。友人同士の方が話せる話題もすごく多かったり、オンライン英会話の講師とは出来ないような話まで出来ると思います。大学生の人は、大学にいる留学生が仲良くなりやすいと思います。ただ留学生にいきなり話しかけるのが難しいと感じる人は、例えば留学生が受講している日本語の授業に行き、ボランティアで話す練習相手などをしてあげるとその後の交友に繋がったりすると思います!
 
大学生以外の方で周りに海外の方がいない場合は、Hellotalkなどのアプリを活用して外国人の友人を作る努力をしてみるといいと思います!初めはメッセージを送り合う所から始まり、友好関係が深まってきたら電話などにチャレンジしてみるなど活用してみて下さい!
 

まとめ

 
以上が、僕のスピーキング力を飛躍させる4つの戦略です。
まずは最低限「口から英語を発する」という行為からでもいいので、毎日行う事を決めてやっていって、付け加えで上に紹介した事を1つ1つやっていくといいと思います!
「近道はありません、継続的な努力の先に成長はあります」
この記事が、スピーキングが伸び悩んでいる方、英語をもっと話せるようになりたい方の役に立てば幸いです。
 
最後まで読んで頂きありがとうございました!
また次の記事でお会いしましょう。
 

【徹底公開】 語学学習のモチベーション維持方法 

 
 

 語学学習

 
「語学学習って大変ですよね」
 
というのも、1番の理由は時間がかかるではないでしょうか。
そして時間がかかるが故に、モチベーションを継続できずに辞めてしまう人が大量発生していると思います。
 
語学学習における最も大きな山は、継続できるか”であると思います。
自分が今まで学んだ事ない言語を学んでいるわけですから、言ったら暗号解読みたいな状態ですよね笑 それを理解できるようになるには時間がかかって当然です。
 
 
僕もこれまで、英語、中国語、マレー語を勉強しましたが、やはりどれも習得に時間はかかり、学習時のモチベーションの維持には苦労しました。
 
 
「継続は力なり」
否定することが出来ない程ド正論のこの言葉も、実際に自分がやるとなると難しい所は大きいと思います。
 
 
 
僕は「継続が語学上達の秘訣」と何度もこのブログで書いていますし、皆さん承知と思いますが、それができなくて困っている方も多いかと思います。
 
そこで、今回は僕が行なっていたモチベーションの維持方法を紹介します!!
 

モチベーション維持方法

 
ちなみに言っておくと、僕は3日坊主もできないほど継続して何かを行うことができない人間でした。笑
だいたい1日、2日がん会ってもうやらなくなってしまっていたんですね。
 
だからこそ、モチベーションコントロールは個人的に強く意識して行ってきました。
 
そんな中で自分的になかなかお勧めできる方法が、
内発的動機付け外発的動機付けのデザイン

 

です。
 

内発的動機付け

 
どういう事か、英語学習を例にすると
内発的動機自分の夢や目標
ex, TOEIC 900点、アメリカに交換留学、外国人の彼女を作る、海外で働くビジネスマンになる etc.
 
内発的というのは、自分の目標やかなえたい願望の事です!
自分の気持ちが内側から求めているものという表現が分かりやすいでしょうか。
 
これは多くの人が学習をするときに立てたり、考えたりするものだと思います。
 

外発的動機付け

次に外発的です。

外発は少しイメージわきづらいんじゃないかなと思いますが、

外発的動機身の回りの環境

です。

ex, All English クラスを取る、英会話スクールに通う、外国語を使う場所でバイトをする、友人と進捗状況を報告する会を定期的に開く etc.
 
内側から
 
とい求めているというよりは、自分の身の回りの環境(友人、授業、所属クラブ)をコントロールして、学習する理由を作るという努力です。
 
 
このように、2つの側面から自分がなぜこの言語を学習するのか、動機を細やかにデザインするのです。
 
なぜ2つの側面から行う事が必要なのかと言うと、どちらか一方だけだと逃げやすい環境にあるからです。
自分自身を学ばざるを得ない状況にする為にも、環境面を変化することができるものでもあります。
 
そして、周りを見ていると内発的動機付けは出来ているが外発的動機付けが出来ていない人が多い気がします。
 

外発的動機付けの重要性

 
外発的動機付けがなぜ大事かというと、
「よし!来年アメリカのあの大学に交換留学するためにTOEFL ibt100点取るぞ!」
 
とあなたが決意したとしても、時間が経つにつれて、決意が揺らいだり、そもそも決意を維持出来ずに”行動する理由”が無くなってしまうかもしれないからです。
叶った自分を想像して、叶えたいと思う事も効果的かもしれませんがそれではイマイチ弱いです。
 
ここで重要なポイントは、
 
どちらも動機なので人の行動に働きかけますが、外発的動機の方が、より強制力が働くという事

 

ステップとしては
内発的動機でやる気を生み出す外発的動機でやらざるを得ない環境を作り出す
とするといいと思います!
やる気が出ても、行動に繋がらなかったり、継続的に続けられなければ意味がないので。
 

まとめ

 
目標を決め学習を開始する前に、自分の動機を細かくデザインして戦略的に学習をしてみて下さい!
いかに、
やらなきゃいけないを生み出すかが鍵
です。
 
よく英語を学習する為に海外に無計画で飛び込んでしまうという人の話を聞きますがそれはその典型的な例です。
ただ、必ずしも外発的動機付けを達成するのに海外に行く必要はない事は分かりますよね
自分の工夫次第でいくらでも作り出す事は出来ますし、学習を始める前や行き詰まった時ほどそれが大事であると思います。
 
やる気が続かない、モチベーションが低下している、継続が出来たことがないという方は是非参考にしてみてください!
 
 
 
最後まで読んでいただきありがとうございました!
また次の記事でお会いしましょう。
 
 
関連記事

【英語学習】 TOEIC500点アップ 単語学習法


こんにちは!

自分のブログを通じて、英語の学習方法や留学について発信している大学生のりょうたです!
以前、僕が実際にTOEICを500点上げるのに使用した教材を紹介する記事を投稿しました。まだ読んでいない方は是非読んでみてください!
 
今回の記事では、僕がTOEIC500点アップに行なっていた単語の学習法を紹介します。
 

単語学習

 
単語って英語学習の中でも
「最も時間がかかる+めんどくさいやつじゃないでしょうか。この記事を読まれているということは少なからずそのような悩みを持っていると思います。
本当めんどくさいですよね、、どれだけ勉強すればいいんだよって。
 
初めに言っておきたいのが、英語学習に正解はないので、僕の勉強法が成功法ではなく、好みは分かれると思うのであくまで参考にという事で読んでください!
 
 
単語は多くの人が言っているとは思いますが、英語やその他語学において最も重要なファクターだと思っています。
 
もちろんその他の要素も必要ではありますが、最終の場合単語が拾えてその意味が分かれば何となくの意味は想像できますもんね笑
そもそも何の話しているの?っていう状態にかなりなりにくい自分に成長するにはひたすら自分のデータべースに入っている単語量を増やす努力量が必要になります。
ということで単語学習の重要性を感じていただけたかなと思うので、説明していきたいと思います。
 
僕の単語勉強法は、
とにかく素早くやる
という事を心がけてます。
まずは順序を解説していきます。
 
 
◆単語学習の順序
1. 内容を全て素早く見て、分かる単語にチェック
2. チェックが付いていない単語を300語ずつに分ける
3. 1塊を1日ずつやる
4. 3周したら、また分かる単語にチェック
5. 2から繰り返し
 

.内容を全て素早く見て、分かる単語にチェック

まず新しい参考書を買ったら、ペンを持って全体を一周します。
すでに分かる単語は触れる必要がないのでザーッとチェックしていきます。
 
分からない単語にチェックする人が多い印象ですが、個人的には、「できる埋められる」いうエンタメ感が楽しく、出来れば出来るほど、チェックが増えていくのでやる気を継続できます。
ひたすら単語が載っているだけの単語帳は眺めているだけでは絶対つまらないです。
 
(そのままで楽しいって人はなかなかの変態です笑)
 
一周、全てわかる単語にチェックし終わったら、2のフェーズに移動します。
 

.チェックが付いていない単語のみを300語ずつに分ける

ここからは、分からない単語をひたすら回していきます
300語は個人的な好みですので、多くしても少なくしても構わないです。
 
おそらく割と量多いと感じる人が多いかもしれない量ですが、個人的にはベストな単語量です。
1日の中で触れる回数をひたすら多くイメージで何周も回していきましょう。
 
付箋などでパート分けしていくといいと思います。

.1塊を1日ずつやる

僕は300語を1日で何周もする勢いでやります。1語にかける時間は約3秒ぐらいだと思います。
見たことあるなの引っ掛かりを何回も作っていくイメージです。
 
そんなので覚えられる?と思うかもしれません。最初は本当に分からないレベルですが、2周目、3周目とやっていくうちに、見たことある単語が少しずつ増えていきます。
3秒ぐらいだとテンポもいいので、ページをどんどんめくって、飽きも来にくいかと思います。
ずっと同じページを眺めているとどんどん飽きてくるんですよね。(景色の変わらない列車のように)
 

.3周したら、また分かる単語にチェック

3周したらとは、例えば900語だったら3日で1周するので、9日という事です。
1日に1塊を何周もして、それを全パート×3やると、1度目よりも分かる単語は確実に増えています。
そこでまたチェック日を設けるのです。
 
個人的にはこのチェック日がすごく楽しみでした笑
回さなきゃいけない単語が格段に減少する日だったので、個人的にやる気出ます。
また分かる単語には、どんどんペンでチェックをつけていきます。

.2から繰り返し

ここからは、また2以下を繰り返していきます。
チェックのない単語を分けて、塊ずつ回していきます。これを何度も繰り返してくうちに、チェックの付いていない単語がなくなり、すべて制覇という状態を作ることができます!
 
 
 

まとめ

個人的にやっていた単語の学習法を紹介しました。
初めにも書きましたが、学習法に正解はありませんので自身の中の正解を探してみてください!その上で今回の記事が参考になれば幸いです!
 
記憶の仕方は個人的な意見ですがものすごく好みが出ると思っています。僕は脳科学の専門ではないので詳しいことは分かりませんが。笑
 
暗記法を友人とシェアしてもやはり人それぞれです。書いて覚える人、聞いて覚える人、言葉に出して覚える人、、、(聴覚優位者とか資格優位者とか色々ありますよね)
 
なので、紹介しといてあれですが大事なのは自分の覚えやすい勉強法を確立していくことだと思います。様々な学習方法を試してみて自分だけの正解を探してみてください!
 
 
最後まで読んでいただきありがとうございました!
また今後学習に関する記事を書いていきます!