【英語学習】リスニング力を爆発的に向上させる戦略

Pocket


こんにちは!

現役大学生のりょうたです!こちら自己紹介ページとなっているので、良かったら読んでみてください!
 
今日は多くの英語学習者の悩みのスニング」について書きたいと思います。
自分自身もそうだったのですが、
「英語の試験のリスニング問題が出来ない」「外国人に話しかけられたけど何言ってるか分からなかった」などリスニングに関する悩みって絶えないと思います。
特に学習を始めてまだ間もない方や、本格的に学んでいたがしばらくブランクが開いてしまった方は特にリスニングの難しさを感じているのではないでしょうか。
 
 

リスニング力とは何か?

 
おそらく多くの人の中のリスニング力の定義とは、英語で話されている事を理解するだと思います。
そもそもそんな事考えた事ないって人も多いかもしれませんね笑(僕も本格的に学ぶまでは意識したこともありませんでした)
 
ただ、リスニングの学習を闇雲にやっていても、何のために行っているのかが分からなければその効果は低下してしまうと私は考えています。
この定義を少し細かくすると
 
1.何を言っているか拾う(音声認識)
2.話の内容や意味を理解する(内容理解)
この2つのステップを踏んでいます。
 
 
例えば外国の友達に会い、What kind of movies do you like?を音が繋がって「ワッカインドブ 〜〜」と言われ、何と言っているか聞き取れなければ、moviesなどの単語やフレーズの意味を知っていても返答する事が出来ないですよね。
 
逆に、言っていることは聞き取れたとしてもkind ofmoviesなどの単語の意味が分からなければ答えることは出来ないと思います。
 
つまり、この2つのステップが完璧にクリアされて初めて、英語を”理解する”ことができたといえるわけですね。
 
日本語の場合だと、私達が日本語を話している時は、この1つ目のステップはほぼ無意識に行われています。
「例えば誰かが、あなたにアーチェリーについて熱弁している時、話している単語を聞き取る事は出来るが、専門用語が多くて話している意味が分からない状態になると思います」
これは、第2のステップがクリアできていない状態です。その人の話を理解するにはアーチェリーの雑誌を読んだり、ネットで調べて知識をつけないといけないですよね。
 
 
つまり、リスニングは2つのステップがあり、それぞれ異なる練習・学習によってクリアしていく必要があります
 
 
なんとなくですが、リスニングの全体像・要素・やるべきことがみえてきたでしょうか?
 
 
 
リスニング力が何か、少し細かく見えたところでそれぞれの勉強法について紹介していきます。
 

1.音声認識(学習法)

まずは第1ステップである音声認識からです!
 
ここの力を鍛えるには、
シャドーイング

 

が最もオススメです。

 
シャドーイングとは流した音声に付いていくように同じ事を言葉に出す勉強法です。
おそらく多くの方がやっている学習方法であると思いますが、皆がやっているがゆえに”なんとなく”でやっている人が多いように感じます。
シャドーイングの効果的なやり方などは別の記事にまとめておくので良かったらチェックしてみてください!
 
これを行う事で、何が英語で言われているのか、1フレーズずつ聞き取ることが出来るようになります。
 
 
僕はTOEFL ibtを受験した時にリスニングのスコアが1番低かったので、そこから毎日最低4時間はシャドーイングを行なっていたら、リスニング力が急激に伸びていきました。
 
ただ、個人的経験としてシャドーイングにおいては
圧倒的に質を求めた方がいい

 

と思います。

ながらや集中していない状態でのシャドーイングは効果はほぼゼロに近い上に、向上が見られない事からモチベーションも上がらなくなる事に繋がります。
ものすごく極端な話、ながらシャドーイングを5時間やる」よりも、「集中して15分やる方」がいいと思います。
 
質はしっかり維持した状態で少しずつ時間を伸ばしていくと、大きなアウトカムが得られます!
 
結果はすぐ出るものではないですが、必ず来るブレイクスルーを信じて継続していると本当に突然伸びます。
 

 

 

2.内容理解(学習法)

2段階目に内容理解ですが、ここで必要なのが

文法・単語

 

の学習です。

 「読んで分からないものは聞いても分かりません」
 
まずは読んだら分かる状態になるためにも、単語・文法の学習は継続的に行うといいと思います。特に単語に関しては、私達が日本語の知らない単語があるように学習に終わりがありません。
僕自身も知らない単語に毎日のように出会うので、日々学習し続けていかなければいけないと感じさせられています。
 
英語のベースとなる文法・単語がしっかりとしていれば読んで分からないという状態からは脱せられると思います。そして、第1ステップの音声認識をシャドーイングによって鍛えれば聞き取り、理解できるように確実になります!
単語帳など含めた、これまでの使用教材なども別の記事にまとめておきます!
 

まとめ

以上がぼくが考えるリスニング力の向上させ方についての戦略です!
リスニングの要素分解する発想などは初めて聞いた方からすれば結構驚きだったんじゃないでしょうか。
 
実態を掴む
やるべきことの把握
実践に移す
これら当たり前のことだけど重要なことを徹して行っていくと、爆発的な成長を遂げられると信じています!
というか、英語落ちこぼれだった僕ができたので、必ずできると思います!
 
リスニングが上がらなくて悩んでいた方は、この記事を参考にして考え方や勉強法を変えてみたらいかがでしょうか?少しでも参考になれば幸いです。
 
 
最後まで読んで頂きありがとうございました!
 
 
 

是非併せて読みたい記事

 
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です