【オンラインサロン】西野亮廣エンタメ研究所ってどう?

Pocket

 
こんにちは、りょうたです!
今回は、
現在日本最大のオンラインサロンを運営しているキングコング西野亮廣さんのオンラインサロンについて紹介したいと思います。
ちなみに、ステマではないので安心して読んでください笑
 
 
お笑い芸人キングコングとして20歳の頃から活躍されて、「はねるのトビラ」にも出演していました。
25歳から絵本を書き始めて、最初の3作は3万部で、4作目の「えんとつ町のプペル」が現在40万部超えの大ヒット中です。個人的にこのテーマ曲が大好きで何回も聞いています笑
 

 
そして、西野亮廣さんはお笑い芸人として漫才を継続しながら、絵本を書き、会社経営をし、美術館や町を作り、講演を行い、ラジオやYouTubeに出演したりと様々なことに挑戦し続けている人です。
 
 

西野亮廣エンタメ研究所とは?

このサロンは「株式会社にしのあきひろ」で運営されていて、この会社は、とにかく黒字を出さないが当たり前になっている会社です笑
 
 
現時点でオンラインサロンのメンバーは約2万7千人なので、月当たり約2700万円が入ってくるわけですが、それを全て運営費や設備投資等に回す為利益は全く出てないという状況です。
「とにかく面白い事をする」がモットーになっていて、ディズニーを倒すと公言している西野さんらしい組織になっていると思います。
 

サロンメンバーに出来る事

.毎朝本人が書いた記事を読める
.サロンマップの利用
.会議室Zipの利用
.プロジェクトに参画・意見でき

 

1.毎朝本人が書いた記事を読める

西野さんが毎朝、ビジネス書に書かれているような内容の記事をサロン内で投稿してくれます。

行なっている事業の進行中に起こった事のシェアや、細かな事まで書かれています。
月千円で毎日1記事なので1記事33円で新しいものを読める事になり、入会すると昔の記事も読むことができる為、さらに良いですね。
そしてこれらの記事は1年経つと公開しても問題ないとも公言されてます笑
エンタメの最前線で活躍されている人の感じる事、視点や発想は本当に面白く、毎朝読みながら刺激をもらって自分の行動へのヒントにさせてもらっています。
 

サロンマップの利用

サロンメンバーが働いているお店が分かる、google マップをサロン内のエンジニア部が開発し、世界全国のサロンメンバーのお店に行くことが出来ます。初めて行くお店でも、同じ物を面白いと思っている人なため初対面から深い話ができる点など非常に面白いと思っています。
 

会議室Zipの利用

会議室Zipはサロンメンバーだけが利用できる会議室です。中は大と小の2つの部屋があり、『大会議室』は、15人程が入れるようです。

中は西野さんが書かれた絵本『えんとつ町のプペル』の世界になっており、非常にお洒落な雰囲気です。

一面鏡張りなっており、ダンス教室や、ヨガ教室や、演劇の稽古場など、ミーティング以外の用途にも利用できる会議室です。

 

プロジェクトに参画・意見できる

常に西野さんはサロンメンバーに進捗状況を報告し、意見を求めている為、直接レスポンスする事ができます。

日夜、交わされる議論に自分も入って何か新しいモノを生み出せるのはワクワクと感動がすごく大きいと思います!
本人も、主婦が街を作るのって面白くない?と言っていますが、本当にそれが現実になるのがオンラインサロンであると思います。
 

未来への投資を怠ると夢が痩せる

学生時代や若い時期に将来のためにと自己投資をする大切さは身にしみて感じます。

本や価値あるセミナーなど自分自身という資本の価値を上げるために、大きなリターンを得られる投資を続けることは将来的にすごく大切なことだと思います。

それはお金に限らず、時間や情熱の投資も含みます!

僕は個人的に、月千円の投資としては非常に価値的で、リターンを最大化できる行動が取れるのではないかと思いました。

 

まとめ

今回は、西野亮廣さんとはどんな人か、オンライサロンとはどんなものか、サロンメンバーの出来る事は何かついて説明してみました。
 
オンラインサロン自体が近年出てきたもので、真新しいものを叩きたくなる人間の性みたいなものはあるかもしれませんが、価値あるものだと伝えたかったです。僕自身としては、毎日記事が読めるという点だけですごく価値があるものだと思っています。
 
迷っている方はとりあえず1ヶ月試しに入ってみるのもアリだと思います笑
下手に千円使うより圧倒的にいい使い道だと思います!
 
そして、最後に、本当にステマではありません笑
僕が個人的に、勝手に書いているだけです
 
この記事が、入会するか迷っていた方の為になったら嬉しいです!
最後まで読んでいただきありがとうございました!
 
オンラインサロンについては、「革命のファンファーレ」の中にも書いてあります!
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です