【英語学習】 リスニング力を上げる効果的なシャドーイング勉強法

Pocket

 
 

こんにちは!

現役大学生のりょうたです!自身のブログを通して、英語の学習方法や留学経験などをシェアしています!良かったら、自己紹介ページもチェックしてみてください!

 

 
 
前回の記事ではリスニング力を爆発的に向上させる戦略」について説明しました。英語学習のつまずくポイントの上位に入ると個人的に思う点ですが、詳しく説明してみました!
まだ読んでない方はこちらも併せてどうぞ!

 

この記事にシャドーイングが学習方法として登場したのですが多くの英語学習者が聞いたこともあり、やったこともあるのではないでしょうか。

音を拾う力を養うシャドーイングですが、前回記事にも書いた通り、学習方法がよくなければ効果的にリスニング力を向上させることにはつながりません。

そこで今回はシャドーイングの勉強方法にフォーカスしたいと思います!

 

僕がシャドーイングに使用した教材
 

シャドーイング使用教材

.Core1900
.TOEIC 公式問題集
.TOEFL ibt 問題集
 
 
 
 
Core1900は100語程度のパッセージが64個入っていて、CDがfastとSlowの2つ入っています。文章のレベルとしては少し高いので、中上級者(TOEIC700前後)向けだと思います。
 
 
 

質を高める教材の要件

 
扱うパッセージや例文が長過ぎると、頭打ちしてしまい、やる気を削ぎます。質を高い状態で維持するためにも初めのうちは、短めの文章(100語前後)でスクリプトがある教材をオススメします。
 
 
 
ラジオのネイティブの会話などをシャドーイングするのもいいですが、スクリプトがないと大事な“確認作業”が出来ないため、効果は低下してしまうと思います。
 
自分のリスニング力の向上に伴い、使用教材の文の長さや難易度を伸ばしていくといいと思います。
TOEFL ibtのリスニング問題はアメリカの大学の講義等から5分間ほど出題されており、最初の教材としてチョイスするのはかなりハードルが高く感じられるかもしれません。
教材選びのポイントとしては、
「最初のシャドーイングで半分近く言える」

ぐらいが個人的にはオススメです!

繰り返し同じ文章を行っていく中で、半分から完璧にしていく作業をしていくイメージです。
 
次のページで方法・順序を紹介します!
 

 

2.方法・順序

 
次に、ここからは僕が行なっていたシャドーイングの順序を解説していきます。
 

シャドーイング順序

.スクリプトなしで行う(35)

.スクリプトを読み、内容理解(1)
.知らない単語や文法を究明
.スクリプトを見ながら行う(〜回)
.もう一度スクリプトなしで行う
 
 
4の〜回は、自分が間違えたり追いつかない事が無くなるまでやるという事です。
 
なかなか間違えずに言うことが出来ず1つのパッセージに時間をかけ過ぎる事は問題ではありませんが、何度もやり過ぎていると飽きが来てしまったり、やる気を失う原因にもなるので、気張り過ぎず次に行くといいと思います。
 
シャドーイングはすごく地味で、飽きが来やすい勉強だと思うのですが、必ず結果が出ると信じて継続するしかありません。
 
「◯時間もやってるのに、成果が出ないという人」は、時間を少し短くしてでも、集中した状態で質を求める事に注力すると変化するかもしれません。
 
 

まとめ

シャドーイングの教材や方法についてまとめてみましたが、なんとなく分かっていただけましたでしょうか。言語学習は地味で、結果がなかなか出ない事が多いが故に、多くの人は新たな言語を学び始めても、上達せず辞めてしまうと思います。それを諦めずに継続できるかが向上の大きな鍵だと思います。
 
「ブレイクスルー」って言葉を聞いたことがあるかもしれませんが、
英語学習をしていると昨日までできなかったことが聞き取れなかった文章を聞き取れるようになったりすることがあります。
 
そのような現象は、継続し続けたものだけが手に入れられる”果実”のようなものなんです。
 
 
僕もまだまだ成長途中なので、一緒に頑張りましょう!
最後まで読んで、いただきありがとうございました!
 

 
 
 
過去の記事:英語学習を本格的に始めたい方向け

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です