【就活】成長できる環境とは? 本当に成長できる会社の条件

就活

こんにちは!

りょうたです。現在大学生で、このブログを通じて英語の学習方法や留学経験や就活経験などを発信しています!

今回は就活に関する記事を書いていきたいと思います!

その前に、僕の就活経験については別の記事でザックリとまとめてあるので興味のある方は読んでみてください!

今回取り上げるテーマは「成長できる環境」です。

就職活動をしていて、志望動機に成長できる環境を書いている人はかなり多いと思います。成長できるという書き方以外にも、自分の市場価値を上げられるなども結構あるあるの書き方ですね。(自分の周りを見ていても多かったです)

今回はこの成長できる環境とは何なのかについて個人的な考えを書いていきたいと思います。

成長できる会社の条件とは?

長できる会社の条件を論ずる上で、「成長」をどう定義するかにもよるとは思いますが、一応広辞苑には以下のように載っています。

一人前に成熟すること。大人になること。(広辞苑)

多くの人の「成長できる」という漠然とした願いとは具体的に、

  • 1人である程度の業務量をこなす力をつける
  • 他の会社に行っても活躍する事ができる力をつける

あたりになるのかなとおもいます。

成長の定義をそこに置くのであれば僕が考える成長できる環境の必要条件は次の3つだと思います。

①チャレンジできるカルチャー
②裁量権の大きさ
③優秀な上司・教育制度

それでは、細かくそれぞれについて解説していきます。

チャレンジできるカルチャー

まずは、チャレンジを受け入れてくれるカルチャーであるかという点です。

例えば、入社してから任された仕事だけをただひたすらに行なっている職場って成長できると思いますか?

確実に出来ないですよね。

新入社員から挑戦させてくれる環境に身を置く事で、若いうちから多くの失敗を積み重ねる事ができ、それが結果的に自分自身の経験という財産になっていくと思います。

失敗のデータベースが増えていけば、それらの失敗から学びを得て、その知識やスキルを他の事に活かしていくことが出来ます。

なので、まずは1点目に様々な事にチャレンジできるカルチャーがその会社、職場にあるのか」または「挑戦できる環境が制度として組み込まれているのか」を確認することは大事だと思います。

カルチャーに関しては、やはり行ってみて中の人と話してみるのが一番早いです。会社のホームページなどを見ていると、若いうちから様々な事にチャレンジ出来るなどと書いている会社は多いのが実際の所です。

どの会社もいい印象与えたいですもんね笑

本当にそうなのか、その実情は人事以外の内部の人間に聞いてチェックするのが1番確実ですね。(それこそ入社年次の若い社員に聞いた方が新入社員の働き方などが理解しやすいと思います)

裁量権の大きさ

2点目に、裁量権の大きさです。

どれだけ様々な事にチャレンジさせてくれても、全ての最終決定権を上司が握っている場合、自分自身に大きな責任は伴ってきません。

実際にプロジェクトや、ある地域の売上を一任されて、自分がそれの最終意思決定権があるという状態に入社してからすぐになれる会社であれば、自分の責任感も生まれる上に、他社で働く人に比べ大きなことが出来ているので、自己成長に繋がると思います。

裁量権が大きいかをチェックする場合に大事なことは、

①最終意思決定権は誰にあるのか
②任される金額・プロジェクトの大きさ

の2点だと思います。

①に関しては先ほど書いた通りで、②については極端な話、100円の売上が任されても大した事ではないですよね。笑

任される額がどれだけ大きいのかは、つまりどれだけの責任を自分が担わなければいけないのかということが、この点から理解できるかなと思います。

例えば「新規事業数に対する新入社員の数」を各社で比較してみて、データからアサインされるプロジェクトの裁量権を比較してみるのも高度なテクニックですが、現実的な算出方法で、かなりアリだと思います。

優秀な上司・教育制度

そして、最後に優秀な上司・教育制度です。

どれだけ挑戦できる環境で、大きな裁量権を任されていても、自分の良い点・改善点についてフィードバックしてくれる上司がいないと、1人で挑戦し続けるだけになってしまいます。

さらに、カルチャーがカルチャーに留まらずに、社内の教育制度に落とし込まれているのかという点も重要だと思います。

「教育する会社だよ」とは言っていても、制度になければ上司が変わったタイミングで大きく変化してしまうなど、上司や周りの社員などが変わった時のボラティリティが大きくなる可能性があります。

上司と部下を繋げて定期的なフォローアップを行うなど、様々な形はあるかと思いますが、日々の業務の中で生まれてくる課題や悩みなどをまとまった時間を取って相談してくれる機会は本当に貴重ですよね。

成長環境のありがちな勘違い

僕が個人的に思う、成長環境に対するありがちな勘違いとして、

コンサル業界=成長できる

があると思ってます。

確かにコンサル業界は、労働時間も長く、様々なプロジェクトに若いうちから関われるため、仮説検証を繰り返すことができ、精度のたかい仮説を持てるようになるかもしれません。

ただ、入社してしばらくは資料作成やリサーチなどの雑務メイン(アナリストの業務は基本的にそのようなことみたいです)との話も社員さんから何度も伺いました。

自分がプロジェクトのリーダーとして周りの部下を回しながら進めていくのであれば、多くのスキルやナレッジが求められる上に責任感も大きく、成長はもちろんできると思いますが、それは相当な年次を積み重ねてからなれる状態であり、入社してすぐからそのような働き方ができるという訳ではないみたいですね。(決してコンサル反対という訳ではないです!)

そこに行くことで、得られるものが自身の成長の定義に当てはまるのであれば、是非入社するべきだと考えています。

まとめ

今回は、僕が考える「成長できる環境」について書いてみました。

3つ全てが揃う環境・職場はなかなか見つかりにくいかもしれませんが、1つのものさしに考えてみてください!また、自分自身の成長の定義を考えてみてください!

入社後のギャップをなくすためにも、新入社員の業務内容などもしっかりチェックしておくと、いいかもしれませんね。

この記事が、成長を1つの軸に就職活動をしたいと考えていた就活生・していた就活生のためになったら嬉しいです。

会社選びは凄く大切なので、最高の選択が出来る様に入念に調べ尽くして下さい。まだ会社のことは全く分からなくてザックリ業界など、全体感を捉えたい方には、このような本がおオススメです。是非チェックしてみてください。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました