【ダイエット】 3ヶ月 10キロ減量に成功した方法

Pocket

こんにちは!

実は僕は、マレーシアに留学中にダイエットを決意して最後の3ヶ月間で10kgのダイエットに成功しました。

ダイエット前の僕の体型ですが、身長は171センチで、体重は72キロほどでした。っちゃデブ」ってわけでもないですが、8年間テニスをやっていた事もあり比較的ガッチリ体型で、引退後に少し太ってぽっちゃりといった状態でした。

僕はトレーナーなど専門的な知識があるわけでもなく、単純に1人の経験者として書いているので参考程度に読んでいただければなと思います!

ダイエット成功の為には

 

まずは、ダイエットを成功する為に必要なのが「マインドコントロール」だと考えています。

ここではマインド=モチベーションと定義しているのですが、いかに自分自身の気持ちを保ち続けられるかが大きな鍵だと思ってます。

 

正直、どうしたら痩せられるかなんて誰でも知ってますよね笑

「消費カロリーが摂取カロリーを上まわればいいんですよね。つまり食べるの我慢して、運動すればいい」

そんなことは誰でもわかっているんですよね笑

それが継続できなくて困っている。だからいかにモチベーション維持をしていくかが本当に大事ですよね。

そこで、僕が行っていたことはなんで痩せたいのか明確にすること(目的の明確化)と、友人に話すことの2つです!

自分が継続して行えるような仕組み作りは、実践内容より大切だと思ってます。

一言で言うならば、「コミット力と維持力」ですよね

例えば、ライザップがなぜ多くの人が成果を出せるかって、最初に高いお金払うことで痩せなきゃっていう強い動機付けを行っているからですよね。

ただこれはお金に限らず自分自身で作ることができると思います。

友人・恋人に報告&応援をもらう、ダイエット仲間を作る、目的の明確化、紙に大きく書いて部屋に貼る。。。等々挙げようとすればいくらでもアイディアが出てきます。

正解はなく、あなたにとってそれがMotivateすれる材料であるかという点を問い続けてみてください!

 

そのモチベーションコントロールを前提に僕が実践したことを紹介します!

実践した事

それでは実際に僕が行ったことを紹介していきます!

主に次の4つを行いました。

1.お菓子禁止 
2.筋トレ
3.ランニング
4.週1回ご褒美Day
 

次にこれらを1つずつ解説していきます!

お菓子禁止

お菓子はやめました。

家にいると親や兄弟が買ってきたお菓子を食べてしまうことってあると思いますが、留学中は一人暮らしだったこともあり、自分が買わなければ食べなれない環境を作れました。

それまでクッキーやチョコレートなど少し甘いものが食べたい時につまめるものなどを常備していましたが、これってついつい食べてしまいますよね。

勉強中に一個食べると止まらなくなって、そのうち勉強よりもお菓子を食べる方がメインになってしまったりしますよね笑笑

気づかぬうちに相当量のお菓子を食べてしまうことってあるあるだと思うので、気を付けたい点ですね。

筋トレ

 

当り前ですが、体重を減らす上で筋トレってすごく大事だなと感じています。基礎代謝の向上にも繋がりますし、消費カロリーが増えるのですごくいいです。

「僕は週に3〜4回大学のジムに行き、トレーニングを行っていました。」

ここでのポイントですが、あまりにもきついトレーニングを行ってしまうとやる気が失せるので、「あー頑張ったな」って思うぐらいでいいと思います。

僕は必ず1時間以内に終わるって決めていたので、集中して取り組んで、パッと終えるというのを繰り返していました。

ジムに行かない日は、自分の部屋で自重のトレーニングを行っていました。

自重トレーニングには、メトロンブログというムキムキのダンサーがやっているブログを参考にしていました!

YouTubeでもトレーニング方法を紹介していて、非常に参考になりました。2分からできるトレーニングなどとても価値ある情報だと思います。

 

ランニング

ランニングに関しては本当にやる気が出ないもので、なかなか継続させるのが難しいって方多いと思います。

実際僕もランニングを続けようとして1週間足らずで断念した事数え切れないほどあります。

ただ、これに関しては完全に週間形成で、朝起きて着替えてとりあえず外に出るっていう流れをしばらく続けていたら、嫌だなって思う事がだんだん減っていきました。

結果的に僕は、週6回は早朝ランニング(6時から)を行っていました!笑

朝や夕方以降の暑くない時間に行うことをおすすめします。

週1回ご褒美Day

 

さすがにストイックに「食事管理、トレーニング、ランニング」とやっていると爆発してしまいます。

僕自身、以前の経験からどっかのタイミングでどうでも良くなってしまって爆発する事があったので、気持ちやモチベーションの維持のためにもご褒美Dayを週1回設けました。

僕の場合は、寮の近くに大好きなハンバーガー屋さんがあり、毎週土曜日のお昼ご飯は必ずそこで食べると決めていました。さらにその後、デザートにシューアイスも食べていました。

チーズも油も糖分もたっぷりでいかにも太るものですが、自分の好きなものを食べれるという日を設ける事で、1週間のモチベーションマネジメントを出来たと思っています。

もちろん、体重を減らす観点からするとこのご褒美Dayはなんの良さもありませんし、無くても大丈夫な人は設けなくていいとは思いますが、継続的にダイエットを行う上で必要な人もいると感じたので、そういう方は実践してみるといいと思います!

 

まとめ

今回の記事では、僕のダイエット体験記を書いてみました。

個人的には、目標を達成するために自身の弱さに打ち勝ち、努力を続ける点では何にでも通ずるものだと思いました。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

普段は英語学習や留学に関する記事を書いているので、良かったらこちらも読んでみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です