海外大学と国内大学の違い ~講義、教授、生徒等~

 

 

こんにちは!

 
 
りょうたです。僕はマレーシアの大学に8か月間交換留学していました!
留学していたというと、良く聞かれる質問である

「海外の大学ってどんな感じ?」

について、僕が留学していた大学を紹介したいと思います!
 
 
マレーシアの大学と日本大学の比較なので、一例として見て頂ければと思います!
 

留学先大学

以前にも書きましたが僕が今留学しているのはマレーシアのペラ州 KamperにあるUniversiti Tunku Abdul RahmanUTARです!
Universitiはスペル間違いではなく、正式な表記です!笑
 

 

留学先の講義

 
授業は全て英語で行われます。(たまに、教授が中国語で説明するときもあります笑、そんな時は周りの友人に訳してもらいます笑
 
そして、1つの授業ごとにLecture ClassTutorial Classがあります。
なので5クラス取れば日本では基本的に5コマですが、マレーシアでは10コマになりなかなかきついです笑
 
 

Lecture Class

 
レクチャークラスは、200人以上の規模で受ける大講義で、2時間です。
教授が前でひたすら説明し続けるスタイルで、ここで授業の内容を知識レベルとしてしっかりと頭に入れていきます。
 

Tutorial Class

チュートリアルクラスはレクチャークラスのメンバーが10グループぐらいに分けられた20人ほどの小教室のことです。
 
これは、レクチャークラスで学んだ知識などを、グループディスカッションやプレゼンテーションなどのアウトプットの機会によって定着させるフェーズです。
レクチャークラスでしっかりと理論などを学んでいないとついていくことができないので、しっかりと復習して臨みます。
チュートリアルクラスは1.5時間です。
 

 

ゼミ

日本では、ゼミってどこの大学でも大体ありますよね。

僕の留学先では、理系は研究室があるのですが(labと呼ばれるやつ)、文系学部ではゼミというものがないみたいでした。

オーストラリアから来ていた留学生の友達とも話したのですが、そのような制度はないと言っていたので、比較的珍しい制度なのかなと思います。

僕個人的に、同じ問題意識を持った少人数で研究をできる環境は、アカデミックな視点から考えても、すごくいいなとは思いますが。

 

 

教授

 
教授がかなりテキトーなのか、「ドタキャン」、「直前での教室変更」、「教授1時間遅刻」は結構起こります笑
 
日本にいる時は教室変更は事前にポータルサイトなどで連絡が来たり、先生が5分でも遅刻すると謝ることが普通だったので衝撃でした。
たまに授業に行くと教室に誰もいなくて、あれ?ってなってると友達から今日教室変わったよと連絡が来たりします。
 
これについてはどうしようもないので、そういうものだと受け入れるしかないですね笑笑
 
 
 

プレゼンは正装

プレゼンテーションの日は、必ず正装でした。
シャツをズボンに入れて、就活生のような格好で授業に行く姿も日本では見られないですよね笑
 
プレゼンテーションは、成績に入る大事な要素であるため皆真剣です。
そして、プレゼンテーションは他の学生に対しても行われるのではなく、完全に発表チームと教授の間だけで行われます。
 
他のチームは自分たちの発表時間以外は好きなことをしていました。
僕の日本の大学では、ほかのチームの学生も交えて質疑応答なども行うので衝撃でした。
 
 

学生

マレーシアは65%がマレー系、24%が中華系、8%がインド系と言われています。僕の留学先のUTARは95%が中華系です笑
(国立大学入学はマレー系が優遇されるブミプトラ政策なども関係しています)
 
ちなみに教授陣も中華系が多いように感じます。だからたまに中国語で説明するんですね笑
 
周りの学生の英語のレベル高いです。
彼らは小学校1年生から英語教育を受けていることと公用語が英語であることから、英語を使うことに慣れています。
 
しかし、「人によりレベルが変わる」「アクセントの癖がかなり強い」言えます。
あくまで学校で受けた教育なので人によりよく学んだ学んでないの差はありますよね。
そしてアクセントですが、言葉の繋ぎ方や発音の仕方が変わるので初めは聞き取りづらいと思います。
 
 
学生には中華系が多いということもあり、キャンパス内で聞こえてくる言語はほとんど中国語、広東語などです。(もちろんなんて言ってるかほぼ分かりません笑)
 
 
 

成績への意識

 

これは留学していた学生とはよく話になるのですが、海外の学生は成績に対する意識がすごく高いように感じます。

理由はおそらく2つあって、

①単純に大学を卒業するのが大変

②就職活動時に成績が必要

日本の大学って入るのは難しくて、卒業するのは簡単ですよね。

海外はその逆で、入るのは比較的簡単で卒業するのは難しいと思います。だからこそ、どの学生も必死に成績に取りに行きます笑

一部の学生は授業の途中で抜けだすなどもあるのですが、試験前はそんな人はいなくなります。
先ほど書いたように授業のコマ数が比較的多いので授業の内容に付いていくために必死に勉強している学生も多いと思います。

試験前の図書館は学生でパンパンになっています。

 

部活・サークル

日本の大学のサークル文化は海外からしたら異様みたいで、そんなに活発に活動しているサークルやクラブ自体が少なかったです。

本当に週に数回集まる程度のものがほとんどで、結構驚きました。

日本だとサークルに入ってるのは当たり前みたいなところありますよね笑

 

まとめ

マレーシアの大学ですが、海外の大学の一例ということで、日本の大学との違いを紹介してみました。
やはり、国や大学の制度で学生の頑張りなども変わっていきますよね。
他の国の学生はどんな感じなのか気になります。
 
 
最後まで読んでいただいてありがとうございました!
次回の記事も読んでいただけると嬉しいです!
 
 
 
関連記事