【東南アジア】フィリピン 国情報

 
こんにちは!
りょうたです。現在、東南アジア国情報シリーズを投稿しています笑
 
そして、第5弾の今回の記事では、フィリピンについて国情報をまとめたいと思います!
 
 
最近、セブ島への語学留学などで非常に人気になっていますよね。
僕の大学の友人にも初めての海外はフィリピンだった子がたくさんいます。
行ったことある方も多いかもしれませんが、フィリピンについてざっくりと説明していきたいとおもいます!
 

通貨

始めに、通貨ですが「ペソ」です。1ペソが約2円なので計算はすごく簡単ですね。
お札、コイン共にありますがコインも見分けやすく会計時に困ることも特にないとおもいます。
 
 

食事

フィリピンの食事は”不味い”と友人からよく聞いていましたが、個人的にはそんなことはないと思いました。ただ、“好みは分かれる味”だと思います。
 
基本的にフィリピン人は3食お米を食べるので、食事はお米プラスおかずという日本と似た形式が多いです。
フィリピンの方は味付けが甘いものを好むため、フィリピン料理の味付けは甘いものが多い印象でした。
フィリピンで非常に人気のファストフード店にJolibeeがありますが、フィリピンでマクドナルドよりJolibeeが人気な理由は、フィリピン人の好みの味「甘い味付け」をしているからと言われており、ケチャップの中にバナナが使われた甘みの強いケチャップなどが使用されています。
 

シシグ

魚のシシグ、豚のシシグなどあります。玉ねぎやニンニクなどと共に炒められたもので、ご飯と共に食べるとすごく美味しいです。
 

Isaw

こちらの写真には違うものも混ざってますが、手前の3本、腸の焼き鳥です。
食感はグニグニしてて、苦手な人もいるかもしれませんが味付けは少しピリ辛で美味しいです!
ご飯と一緒に食べました。
ちなみにインド人だけでなくて、フィリピン人もご飯を手で食べるんですよ(毎回ではないですが)
 
 

レチョン

フィリピンの行事などでお祝いの食事として食べられる豚の丸焼きです。普段は1人分としてカットされたものが食べられます。
これは本当に美味しいです。
 

ハロハロ

日本でもミニストップで夏の時期に売られているので食べたことある人も多いと思いますが、これはタガログ語で「ごちゃ混ぜ」という意味でもともとフィリピン発祥です。
かき氷の上に、アイスやゼリー、フルーツなどがたくさん乗っていてそれを全てかき混ぜて食べます。甘くてすごく美味しいです。
 

バロット

聞いたことある人も多いかもしれませんが、孵化直前のアヒルの卵をゆで卵にして食べます。見た目が結構グロく食べれない人も多いですが、味は良く僕は結構食べました笑
1度トライしてみると面白いと思います。
 
 

物価

大学生の人気な留学先になっている理由の1つにもなっているのは、フィリピンの物価の低さにあると思います。
実際、フィリピンの物価はかなり安いです。食事や生活費を含めかなり安価に抑えられ、特に日用品(シャンプー初め、ティッシュ等)は他の東南アジア諸国を比べても非常に安価でした。
 
 

英語

フィリピンに英語留学行く人が多いように、英語は比較的通じる国です。
少し話は脱線しますが、フィリピンの英語産業が盛んな理由には、
①フィリピンの政治汚職問題の多発
②国内インフラの不整備
 

から、タイのように外資が入り国が発展するモデルケースが通用せず、国内独自の産業を発展させる時に生まれたのが、英語力を生かした産業だったという説があります。

 
特に若い世代は小学校から英語教育を受けているため流暢に話す人が多いです。しかし、少し年配な方になると怪しいことが多かったため注意です。
また訛りですが、癖は強いように感じます。また、人によっては話している途中でタガログ語の単語が頻繁に出てくるため、分からなくなることもあります。笑
少しネガティヴな意見が多くなりましたが、総じて言えば英語は通じる国なので、困ることはあまりないと思います。
 

交通手段

フィリピンでの交通手段は、タクシー、Grab、ジプニーなどがあります。
が、僕がオススメするのは“Simカードを購入して、Grabを利用するです。
 
 
首都のマニラでは、クシーでのぼったくりが多発しているため事前に交渉するなどの必要があり、メータータクシーもありますがかなり混んでいることが多いので待ち時間は長いかもしれません。(ダバオでは、メータータクシーしかなく、ぼったくりをする運転手もいないので安心して乗れると思います)
 
ジプニー(乗合ミニバス)は1回8ペソと非常に安価ですが、ルートがたくさんあることや運転手の英語が怪しいことから旅行客にはかなりハードルが高いように感じます。
 
そこで僕がオススメするのは、Grabです。東南アジアでお馴染みのGrabではぼったくりをする運転手はいないので安心です、がフィリピンはFree Wifiに繋げることが本当に少ないのでSimカードがないと大変不便します。Simカードは安価で買うことができるので、是非買ってフィリピン旅行を楽しむことをオススメします!
 

コンセント

コンセントは3種類ありますが、日本と同じタイプのものがあります。電圧は220なので、対応していない電化製品は変圧器が必要ですが、携帯やパソコンだけであれば変換プラグは基本的に必要ないと思います。
 
 

まとめ

フィリピンに旅行・留学に行く方の役に少しでも立てれば幸いです。
 
フィリピン留学は英語学習、安価という強みだけでなくマニラ近郊の発展した街並みと、スモーキーマウンテンなどの貧困地域の格差などを肌で感じれることにもあると思います。
 
日本では感じることのできない体験を通じて、社会問題への感度が高まるいい機会になると思います。
今回行ってみて、非常に良かったなと思いました!
 
僕も是非また行きたいと考えています!
 
 
最後まで読んでいただき本当にありがとうございます!
次の記事も読んでいただけると嬉しいです!
 
 
関連記事