【東南アジア】インドネシア  国情報

 

 

 

第4弾となった今回は「インドネシア」の紹介です!
バリやジャカルタなど、最近旅行に行く人多いですよね。
 
旅行に行く間にしっかりチェックしていってください!
 
 

通貨

通貨はルピアです。現在1ルピアが0.0076円とかなり小さな通貨ですので、計算が大変ですね笑
ルピアの値段が出てきたら、0を2つとって、0.8をかけ大体の値段がわかります。
 
(例 10000ルピアなら、100に0.8をかけて80円となります。
そして、お札とコインがあります。お札は10万ルピアからありますが、大きいお金だと万が一お釣りを持っていなかった時困るので、5万ルピアを持っておくのがおススメです。コインの使い道がなくどんどん溜まっていきましたが、コンビニなどで消費しましょう笑
 

食事

インドネシアの料理はマレーシアの、マレー系の料理によく似ています!
 
メニューの名前も全く同じものもたくさんあり(nasi goreng、Mie ayamなど)、マレーシアに留学中だった僕からするとすごく馴染みがありました!
 
全体的にやはり、少し辛いものや炒め物が多く、野菜は主に申し訳程度につくキュウリとレタスって印象です笑
ただ味はすごく良くて、グルメな方には最高だと思います。
 
 

Satay(サテ)

 
 
こちらは、マレーシアでもよく食べられるサテです。
甘辛いタレの焼き鳥のイメージです!一緒に付いてくるピーナッツ入りの甘いソースが特徴的です!
辛いのが好きな人はチリソースにつけて食べてみるとすごく美味しいです!!
 
 

Kwetiau Goreng

こちらは米粉でできたモチモチの太麺ともやしや海老などが炒められてます。マレーシアのペナン発祥で人気のChar kuey teowとほぼ同じものです!僕は大好きです!

 

 

Ayam bakar

Ayamは鶏肉で、Bakarは焼くという意味なので、鶏肉のグリル焼きのようなものです。Ayam bakarは何個かのお店で食べましたが、それぞれのお店のスタイルがありどれも本当に美味しいです!これはマレーシアでは見たことありませんが、オススメの一品です!

 

また、インドネシアでは日本食が非常に人気あり、日本のフードチェーン(寿司屋、吉野家、大戸屋、ペッパーランチ等)が多く見られました。モールなどでは、日本食レストランしかない一角などもしばしばありました笑笑

 

物価

物価は比較的安いと感じました基本的に東南アジアはどの国も日本より圧倒的に安いですが(シンガポール除く)今まで僕が行った、マレーシア・ベトナム・ラオス・タイの中でも安い方に入る気がしました。
 
食事は基本的に20000ルピア(約150円)はほぼかからないですし、高級感漂うレストランで美味しいステーキ食べても12万ルピア(約900円)ほどと、マレーシアでの物価に慣れていた僕にも安いと感じる程でした。
ジャカルタ内の電車移動も、1番高くても4000ルピア(約30円)と激安です!
 
 
 

英語

インドネシアの公用語はマレー語によく似たインドネシア語で、英語を話せる人はかなり少ない印象でした。ホテルでは大丈夫でしたが、空港でも少し怪しく、レストランなどではほぼインドネシア語しか通じない状況でした。(高級なレストランでは英語が堪能なスタッフがいました)
ただ英語だけで旅行できるって思ってると結構痛い目みると思います。。
インドネシア語の発音は日本語のカタカナ読みに音が近く学びやすいと言われてるので、簡単なフレーズだけでも覚えていくといいかもしれません。
 
 

文化・宗教

インドネシアと言えば、皆さんご存知「イスラム国家」ですね。
 
2億人以上いる人口の90%がイスラム教信者という世界最大のイスラム国家ですが、そんなインドネシアならではの文化体験ができます。
 
それは
「毎日のアザーン」

です。

 
アザーン??ってなる方もいるかと思いますが、イスラム教では1日に5回(昔は3回)メッカに向かってお祈りする時間が義務付けられていて、1度目は朝の4時半頃に行われます。アザーンとは皆にお祈りの時間が来たこと告げるものです。歌ってると言うのが一番イメージが伝わると思います笑 (実際は歌ではありませんが)
 
これが毎日欠かさず聞こえるので、早朝に目覚まし代わりにアザーンで起きることができます笑笑
日本でお経が朝早くに聞こえてくるなんて、神社の横に住んでいる人でもなかなかないと思うので、これは貴重な体験ですね笑
 
 

お酒

「イスラム教で禁止されてるから、あまりお酒飲めないんじゃない?」
 
っていう疑問持っている方もいるかと思います。
 
予想通りお酒はほぼありません!
 
ジャカルタ内の大きなモールなどに行けば、ビールやワインなど購入することができますが、少し離れると置いていないことが多かったです。また日本では見慣れてるコンビニのお酒もありません笑
アルコール度数0のものしか置いていないです。
 
ただ、インドネシアのビールはBintangビールというのですがこれが美味しいんです笑
ビールはそんな好きなわけではありませんが、すごく飲みやすく好きな味でした。手に入れるのに苦労するかもしれませんが、結構レアなので是非試してみて下さい
 

 

コンセント

インドネシアのコンセントは、日本と形も電圧も異なります!そのため、必ず変換器が必要になります。形はCタイプと呼ばれるこの豚の鼻みたいな形です、そして電圧は220Vです。なので変換器はマストで必要で、電圧がそこまで対応していない電子機器の場合は変圧器も必要になります!
 
 
 

交通手段

遠い距離での移動は主に電車を利用して、細かい移動にはGrabか徒歩でした。物価欄にも書きましたが、インドネシアの電車は本当に安いです!
チケット購入機で、自分の行き先を選択してお金を払うと、カード(用途はSuicaPasmoと同じイメージ)が出てきてそれで改札を通ることができます!カード発行には10000ルピア(約80円)かかりますが、デポジットなのでまたその機械を使って現金に戻すことができます!
 
注意!PPと書いてある往復分を購入できるものがあります。機械には結構並ぶので最初に買ってしまえば便利なのですが、帰りに乗り場を買えると融通が利かず、お金も戻ってこないのでここは気をつけてください!!

 

余談ですが、ジャカルタの電車は日本で使われていたものがかなり走っています!横浜線や武蔵野線など多くの日本の電車が走っています!

Grabは東南アジアではお馴染みですが、アプリをダウンロードして、簡単な情報を入れるとすぐに使えます。

遠い距離だと高額になりますが、数キロ圏内の移動であれば割安で移動できるので便利です!(捕まりにくい時もありますが)
ただ、インドネシアのジャカルタは東京に次ぐ世界のメガシティで交通渋滞はトップクラスです。ラッシュ時にハマってしまうと本当に移動に何時間もかかるので注意です!

 

まとめ

 
インドネシアの国情報を僕なりにまとめてみました。今回で国情報シリーズも4ヵ国目となりました!
 
インドネシアは、ジャカルタとジョグジャカルタに行ったので、それぞれの観光地を紹介する記事も今後載せていきたいと思います!
 
最後まで読んでいただきありがとうございました!
 
 

 
関連記事