日本人の英語力とメンタル

 
 
「みなさんは、日本人って英語できると思いますか?」
 
僕は留学中に、大学で主催のショートトリップツアーに参加した際に、そこで始めて顔合わせた担当者からどの国から来たか問われてJapanと答えると、
突然「オー、イングリッシュ、オーケイ?」とめちゃくちゃカタカナイングリッシュで問われて「大丈夫だよ」と答えたのですが、正直、「いやいや日本人だからって英語できないって決めつけるなよ」って思った経験があります。
 
そしてこのような経験は1回きりではありません。留学中結構頻繁にありました。
 
「日本人なのに英語すごく上手だね」というフレーズも何度言われたか分かりません。褒められると嬉しいですが、「日本人なのに?って何?」って感じですよね笑笑
 
そこで今日は日本人の英語力について思ったことを書いていきたいと思います!
 

 日本人は”英語力”がない?

 
まずはここから問いたいと思います。よくニュースや他のメディアを通じて頻繁に
「日本人は英語ができない」と聞くと思います。
自分の周りでも日本人は英語出来ないと言っている人はやはり多いように感じます。
そこで、こんなものを見つけました。

英語を図る試験EF テスト」というものがあることを知っていますか?。

EFテスト

 
 
EFテストとは、世界中の成人を対象にした読解力とリスニング力を測る適応型英語テストのことです。
そして、EFテストデータに基づき英語力の成績データを数値化し、2017年に80ヵ国のランキングを表したものがあります。
 
日本は中国の次の37のようです。
 
「これについてどう思いますか?」
 
様々な感想があると思いますが、数字から言えることとして80カ国中37位というのはそこまでひどいわけではない。
そして「日本=英語ができない」というイメージに結びつくデータとしてはその根拠にはなりにくいと言えますよね。
 
 

 

英語力とは

 そこで、少し視点を変えてまず人が思い描く英語力とはなんなのかについて

“英語力”の定義を明確にしたいと思うのですが、基本的に言われる”英語力”というのは
「スピーキング力やコミュニケーション力」のことを言うと思います。
 
コミュニケーション力とは、私の定義では「自分の伝えたいことを英語にして言うスピーキング力だけでなくジェスチャーや表情や姿勢などの非言語コミュニケーション」も含みます。
 
上記の図で表されたEFテストは、読解力やリスニング力を測るテストでしたね。
日本人は文法力や単語力については、そこまで悪くないということ表していると言えます。
例えばランキングが1つ上の中国とは大差はないかもしれません。

日本人の弱み

 
彼らと圧倒的に異なる点は発信量です。
 
日本人でよくいるのが、
「文法を気にするあまり頭の中で完璧に組み立ててから話そうとして時間がかかり、その間にどんどん話されてしまい何も言えないパターン」
と、
「そもそもシャットダウンしてしまうパターン」
の2パターンです。
 
対して、中国の方などはあまり間違いを気にせずどんどん話す傾向があると思います。
僕が通っている(通っていた)学校にも多くの中国からの留学生がいますが、間違えていてもあまり気にせずたくさん話します。
 
またランキングに注目して欲しいのですが、53位にタイがランクインしています。
 
37位の日本と比べると下ですが、
「タイ人の方が話せるイメージがありませんか?」
日本にも多くのタイ人がいますが、彼らは英語を使うことに全く恥じらいもなく話します。
 
「そこが1番大きな違いだと思います」
 
日本人は英語ができないというより
「英語を話すことに慣れてない、抵抗がある、障壁がある」
ことが多いと思います。
 
冒頭で紹介した、私にカタカナイングリッシュを使った彼も日本に興味があり1度旅行で行ったことがあるみたいなのですが、道行く人にモノを尋ねても多くの人が英語話せないと会話を拒絶された経験があり、話さない人が多いと思っていたみたいです。
 

日本人のマインド

上記のようなことは、大きく日本人のマインド」に起因すると思います。

日本の英語力の低さで英語教育の開始時期が遅かったことが大きく注目されますが、(もちろんそれもあると思います)

他国からの留学生で同じく中学から英語教育を受けた学生に聞くと、彼らの学校では誰も英語を使うことを恥ずかしがらず、皆が英語でのコミュニケーションにトライしており、実際にスピーキング力は高校卒業時までにかなり向上したと言っておりました。

「間違った英語を使うのは恥ずかしい」

「私は英語ができない」

のような、考えを持っている人が日本人に多いことから、英語でコミュニケーションを取ることがスムーズにいかないことがしばしばあるのではないかと思いました。
 
 
正直、私たちは英語圏で生まれ育ったネイティブではないですし間違った英語を使ってしまうのも当然といえば当然です。
 
むしろ、「間違えて何が悪いの?」とあまり完璧を求めず、肩の力を抜いているぐらいがちょうどいいのかもしれませんね。
 

まとめ

 今回は「日本人の英語力」について思ったことを書いてみました。
全くリソースもなく根拠に欠ける点など多くありますが、専門家でもないのでその辺は大目に見ていただけるとありがたいです笑
 
「英語、英語ってもういいよ」って思う方もいるかもしれませんが、私は自身の経験から必要であると考えるのでシェアさせていただきました。
 
 
最後まで読んでいただいた方ありがとうございました!