【東南アジア】ベトナム  国情報

 
 
 
今回は国情報シリーズ第1弾ということで、僕が1番初めにバックパックで行った国であるベトナム」を紹介します!
これから旅行で行く方に向けてざっくりと説明していきます!
 
(※ちなみに、僕が行ったのは首都のハノイで、ベトナムは地域によって大きく異なるみたいなので、ホーチミンやダナンに行かれることは情報が異なるかもしれません)
 

通貨

ベトナムの通貨はドンです。
1円は約200ドンなので、感覚がかなり変わりますよね。
計算する際は、少し面倒ですが0を2つ取って2で割れば約の日本円が出てきます!
20000ドン約100円
 
ベトナムでは、コインがなく全てお札です。(かなりかさばりますね笑)
「さらに種類が多い。。。」ですが実際観光客で使うのは、1000〜100000の7種類ぐらいなので、そこまで大変ではないかと思います!

 

物価

ハノイの物価は、日本に比べてかなり安く、マレーシアや他の東南アジアと比べても安い印象でした!
 
食事に関しては4万〜5万ドン(200円〜250円)1番安く8〜10万ドン(400円〜500円)のものなどもあります。
バンミーなどのサンドイッチは2万〜3万(100円〜150円)で食べれます!
 
 
 

お酒の価格

ベトナムでは瓶ビール1本100円程で飲めます。
2万ドン(約100円)からモノによっては3万(約150円)ドンほどでした!
お酒好きにはたまらない街
海外はお酒が高くてあまり飲めないって方も心置きなく飲めますね笑
 
そして、日本ではなかなか見ることのないビールが多くあります!
個人的なオススメはTigerです!
それぞれ味がかなり違うので様々挑戦してみて好みを探してみるのも面白いかもしれません。
 
 
 

食事

ベトナムの食事ですが、ご飯、麺、パンどれも食べ日本とそこは似ています。
特徴:パクチーが多くの料理に入っています!
食べられない人は、注文時に事前に言うことをオススメします!(言っても入っていることもありますが笑)

フォー

 
最も有名なベトナム料理ではないでしょうか。
イメージといてはラーメンですが、日本のそれとは大きく異なるので初めて食べる方は驚くかもしれません。
米粉でできた麺が薄味であっさりとしたスープに入っています。
ビーフフォーが最もポピュラーですが、チキンやポークなど違うお肉も選ぶことができます!
お好みでトッピングに甜醤油を入れるとすごくおいしいです!
 

生春巻き

 こちらも非常に人気のベトナム料理だと思います!

海老やお米でできた麺などが入っており、それにチリソースをつけて食べます。こちらも具材は様々あるので、メニューなどで〜〜〜 spring rollなのか確認して見てください!

 

 

バインミー(バンミー)

フランスパンを少し焼いたところに、スモークハムや野菜などを詰め込むサンドイッチです。
具材は選べる(サブウェイみたいに)場所がほとんどで、多く・少なくなども基本的に選べました!朝ごはんや少しお腹空いた時にサクッと食べるのに向いてると思います!
諸説ありますが、歴史的にベトナムがフランスに占領されていたことから、その時からの名残でフランスパンを使っているという話を聞いたことがあります!
 
 
 

コンセントの形

ベトナムのコンセントの形は、日本と同じことが多いです。実際僕が泊まったホステルも形は同じ2つ穴の細長いものでした。
ですが、一点注意して欲しいのが電圧です。
コンセントの形が同じでも、240vある電圧では物によっては電化製品が使えません。例えばI phoneやパソコンなどは基本的に電圧が100〜240Vまで対応しているので、そのまま指して使うことができますが、対応のしていないものを指して使おうとすると壊れてしまうので、使う前に対応電圧は説明書でチェックしておく必要があると思います!
 

バイク社会と背景

以前載せた写真からも分かると思いますがバイクの数が本当に日本とは桁違いです笑笑
ベトナムは人口が約1億人いますが、そのうちの3人に1人がバイクに乗っていると言われていて、街はバイク、バイク、バイクでした笑
その背景としては、車があまり普及しないことにあります。

ベトナムで車が流行らない理由は価格の高さインフラ整備の不足の2点があるようです。

価格の高さ

車には特別消費税や自動車登録料などが付されるため多くの国民にとって手が出せない現状です。商工省は税改革を訴えていますが、現在財務省が税収のためにそれを阻んでいるため税制改革は行われていません。

 

インフラ整備の不足

また、まだまだ道路インフラが整っていないことから、自動車の急速な普及は大混雑を招くことが予想されるため、政府も慎重になっていると考えられます。

路上駐車

路上駐車の多さには驚きます!
ベトナムでは駐車場の公定料金がほぼ儲からない額で定められており、投資家にとっての投資先として悪いことから駐車場の供給が間に合っておらず、路上駐車で溢れかえっているみたいです。
日本に駐車場が多いのは儲かるからなんですかね。
 
 
 

文化

中国の影響を大きく受けていることが分かります。
中国に侵略されていた過去を持つベトナムでは、所々にその名残が見られました。19世紀の終わり頃まで漢字やチュノムが用いられていたことから、中国にいるかと思わせる漢字の書かれた建物も少なくありませんでした。
 
 
 
また日本と同じく大乗仏教の国であり、儒教も広まってたことから、道徳心で日本人と合う部分がありそうですね笑
 
 

日本人への対応

そして、日本へのイメージもとても良さそうでした。日本人と言うとすごくいい反応をされることが多かったように感じます。
ベトナムへの直接投資額は日本は世界第1位で、貿易においてもアメリカに次ぐ世界第2位の輸出国なのでベトナムの発展に経済的な貢献を果たしてきたことが大きいかと思います。
また、基本的に東南アジアどこもそうなのですが、自動車の大半が日本製の車です。(トヨタ、ホンダ、日産、スズキ等)

そのような面からも信頼感があるのかなと思います。

 

まとめ

国情報シリーズ第1弾はベトナムを紹介していきました!

あんまり知らなかった方もザックリとした全体像が見えてきたのではないでしょうか。ベトナムは観光地も多くあり非常に楽しい街なので、それについても今後の記事でまとめていきます! 次の国情報シリーズも楽しみにしていてください!

最後まで読んで頂きありがとうございました!